ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

ウラジオストクで買い求めたロシアの絵!

ウラジオストク
この記事は約2分で読めます。

ウラジオストクで買い求めた絵?です。白樺の木がキャンバスになってます。
ウラジオストクのホテルの前でロシアの男女二人が話しかけてきました。
英語は全く通じませんでしたが弟?が描いた絵を買ってくださいと言ってると理解して値段を尋ねたら10ドルだそうです。
弟は一見、アスペルガー状態で眼つきがちょっと異なる感がしましたがお姉さんはどうしても弟の絵を売りたい表情。お金を渡したらクスリでも買うのではと一瞬考えましたが絵を買うことにしました。
すると二人から嬉しそうな笑顔が出てきました。
何も話さない弟が”この絵はまだ未完成なので時間をください。24時間後のあすのこの時間に絵を完成させてここに持って来ます”ということで20ドルを渡しました。

翌日に同じ場所で二人に会い絵を渡してもらいました。

絵の出来上がりは昨日とあまり変わってないのですが・・・
15年くらい前のウラジオストクの思い出です。絵は当然、大事にして飾ってます。

ロシアの画家さん達は世界でも有名ですがアバンギャルト的な絵が多いですね。
絵画に関しては知識はありません。ウラジオストク空港の出発ゲート、免税店の並びでロシア人画家の絵がたくさん飾ってあり値段を付けて販売してます。値段が異常に私には高すぎます!

ロシア人の絵
ウラジオストクの運営者の自宅は家の中はすべてこの画家さんが一カ月滞在して全体に絵を描いてくれたそうです。
彼の義理のお父さん・・・有名な人だそうですが知らない人は知りません。

タイトルとURLをコピーしました