ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

賢い人や優等生・・・ロシアでは結婚向きではないようです

この記事は約3分で読めます。

賢い、と言ったら有名大学を卒業した人と簡単に考えがちですが欧米ではちょっと違いますね。
もちろんロシアも賢い人は有名大学卒とは誰も考えません。

逆にロシアでは金星組(授業料などの免除)は親も自慢するくらいの頭の明瞭な人と思われてます。その金星組の日本語通訳を今まで何人か会話倶楽部で仕事をしてもらってますのでどのような人達なのかは理解してます。

男性も女性も正直言ってとっつき難い感じを私は受けてます。特に男性の場合は友達にもなり難いタイプの人達です・・・ 自分のバリアーを張ってる感じで人の意見は重要視しないという印象をうけてます。簡単に言うと”冗談が通じない”、普通のロシア人なら笑ってくれるのですが金星組はあまり笑いません。

その中で女性の金星組の通訳をしてた方に結婚について質問したら即答で
”ロシアの男性は金星組の女性を好きではありません”と言う返事。

どこが他のロシア女性と異なるのですか?と尋ねたら

”目の動き” だそうです・・・。

前に金星組の女性会員がいました。両親が大学教授なので経済的には貧しいので彼女はレストランでアルバイトをして共同で借りてるアパートの家賃を払ってました。授業料は無料ですのでレストランで働けば食事と家賃収入を得ることが出来ますのでロシア学生の普通のパターンです。

そのレストランで日本の男性会員がその女性を気に入ったの運営者に会員になるように説得してくださいと依頼を受けた現地の運営者が彼女と話をしました。

英語はカタコトで日本語はゼロ。声がハスキーな感じで身長は175cm。
この女性と話して1分もしないうちにこの女性の魅力と頭の回転を気に入って会員になりました。
私がウラジオストクを訪問した時に新し会員ですばらし人がいます、と言うことで彼女に会いました。
確かにハスキーな声ですが彼女の笑顔が良かったですし彼女の日本に対する質問も的を得てる質問で私と運営者の二人は彼女の虜になりました。英語は勉強したことがあるけど今は全然使ってないのでこれから勉強します、そして日本語は何も知りませんが日本語も勉強しますと答えた彼女。

三か月後に会った時には英語で普通に私と会話が出来ました。
それから三か月後・・・何と数百の日本語単語を覚えたということですが発音も良かったし単語を慣れべて日本語で質問をするレベルですので1年勉強したらどうなったのか?

彼女は身長175のためお見合いを希望する男性は少なかったのですがお見合いをされた方に聞くと日本に関して返事に困る質問で参りました・・・と言うことで交際は始まらず彼女は大学を卒業してウラジオストクの役所に就職しました。新人ですが5名の部下を使てくれたそうです。そして・・・半年後に彼女はウラジオストクから消えました。蒸発でなくモスクワの政府関係者が彼女に目をつけてモスクワ転勤です。そして今は・・・わかりません。

金星組=優秀特待生=好奇心が旺盛

という図式が出来るようです。
会話倶楽部のウラジオストクオフィスで運営者の秘書と別業務をしてる女性も金星組です。
これは最近彼女が私に話してくれました。授業料が免除だったの・・・と珍しくロシア人が自慢してる光景でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました