ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

自己主張は困りますとロシア女性への苦情

この記事は約2分で読めます。

どうしてロシア女性は自己主張が強いのですか?と質問されました。それは日本人が自己主張しない特別な人種なのです。コメントを求めても参加する人は決まってます。

Wikipediaによると

自己主張(じこしゅちょう)とは、人間が社会において、自己の意見や考えや欲求などを他人に伝えるということである。
日本人は、この自己主張を苦手とするところが目立つ存在である。というのも日本社会というのは自己主張をするような人間を良しとする風潮ではなく、自己主張をするような人間に対しては、自分勝手な人間や、協調性が無い人間などといった評価をされると思われるためである。

自己主張は日本人が苦手とするので日本人は困るのでロシア女性に自己主張はしないでください、と伝えたらどんな反応が来るのかは私は考えなくても分かりますがそれが理解できない人もおられるようです。文化の違いという言葉だけでは解決できません。

普段からコミュニケーションをとってるならこんなことは考えないはずですが交際中も男性は相手の自己主張(男性がこの言葉を使うのが間違い)をずっと我慢されてたのでしょうか。これは男性が使った自己主張が間違った使い方と思います。

ただ単に女性が無理なことを言ってるので男性が怒ったから出た言葉、それとも男性が不利になる男性が受け入れられない要求の返事なのでしょうか。無理な要求なら理由を説明して拒否する、受け入れてくれないならロシアの母に告げる(ロシア語を話すことが必要。もしくは・・・夫婦喧嘩にアドバイスはありません。事前策として交際中から結婚を意識するなら女性を甘やかさないことです。

ウラジオストク女性が日本に結婚で超す時に女性の母親から伝言を頼まれたことがあります。ロシア母の娘への助言ですがこの場合は娘でなく旦那に伝えてくださいとメッセージを貰いました。女は甘やかすとつけ上がるのでくれぐれも娘には時々厳しく接するように伝えてください。

そうなんです。嫁さんに厳しく接するのはロシア母のお願いなのです。

 

ご意見・コメント

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました