ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

結婚契約書(プレナップ)

この記事は約3分で読めます。

結婚をするお二人が取り交わす結婚契約書は欧米では離婚後の事を考えて作成する書類です。慰謝料や死別後の財産分与などを書類にしたものですが日本ではあまり聞きません。

アメリカは映画のタイトルになるくらいですので盛んなようです。それ専門の弁護士もいるようでアメリカでは離婚するときはお互いに弁護士を雇い弁護士同士が話し合いをするようです。

私の妻も結婚したての頃はこの書類について必要だと盛んに情報を集めてましたがフランス大使館に問い合わせたら彼女に都合の良い返事はもらえなかったようです。彼女の財産を私に贈与する書類は日本で作成で旦那には有効だそうですが私の財産が彼女に渡るという書類はないと言われたからです。

ロシア人はどうでしょうか?
以前、ロシア大使館に尋ねたら日本語で印刷された文書を渡されました。
離婚はお二人の問題ですのでロシア大使館はタッチしませんの文章が最初に書かれてました。お二人の間に子供がいる場合は子供の養育費ははらってください、と普通の文章でした。

ロシア女性も日本女性と同じで二人の間に出来た子供は女性が引き取るのが普通です。日本男性の多くは離婚した羅子供は元妻が引き取り育てるのは普通と思ってるので子供の所有権で揉める人はすくないですね。

ただし、ロシアと日本は遅れてハーグ条約に加入してますので離婚の際の子供の件は欧米と同じで生活力(収入が高い人)のある人が子供を引き取る権利がありますので現在の所はまだハーグ条約に即して離婚調停が行われてないようです。

このハーグ条約は果たして人を幸せにするか疑問です。以前、運営してた会話USAで来日して日本女性とお見合いをして将来は結婚を考えてるアメリカ男性にハーグ条約の話をしたらアメリカ男性もこの条約(結婚前に財産分割)が嫌だから結婚前から離婚の話をしない日本女性と結婚を考えてるのが一つの日本女性と結婚を考えてる理由という人が多かったです。

アメリカでこのプレナップを絶対に欲しがるのはお金持ち家庭で母親が強く望むそうです。裕福層の子供が、特に親の信頼を得てない息子がどこの女性か分からに女性と結婚する場合は反対は強く出来ませんが用心のために母親が財産狙いが目的の女性かもしれないので絶対に必要としてるそうです。

これは逆パターンもありアメリカで優雅に暮らしてる裕福層のバカ娘たちが男性と結婚して財産を巻き上げられてる話は何回か聞いたことがありますし実際にお目にかかって話をしたこともあります。

日本では法的な書類をつくる制度がまだないので結婚した女性から財産を巻き上げられる人は法的にはないので男性は財産までは考えないと思いますがお金のかかる奥様と結婚したら大変だと思います。

ロシア女性はお金が目当てで結婚をしたがってると財産のない人がそんな女性に用心をするのは少し時期が早いと思います。貯金だけの丸を二つくらい増やして心配してください。

 

遺言書をつくるのが好きなフランス人、最近私のパートナーは万が一の時、彼女の財産がどうなるかという遺書をフランスで作成したようです。全然、有難いとは思いませんが遺言書によると彼女のフランスの不動産は全部私に渡ります。という書類を作ったと話してくれました。

 

 

ご意見・コメント

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました