ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

独身貴族やアラフォーと持てはやした日本の今・・・

この記事は約2分で読めます。

日本のキャリアウーマンが泣いてるようです。女性だったら子供を欲しがるのは自然なことだそうですが独身貴族やアラフォーと生殖器のが正常に働くときに子供を持つのは後でと独身ライフを楽しむことを持てはやした日本でその影響を受けてる独身者や自称キャリアウーマンの人達が子供を作ろうと考えた時期が40歳を過ぎてると妊娠するのは簡単でないことがわかってきたようです。

ある議員さんが50歳で出産とメディアが持てはやした結果は・・・見事に後遺症が発症しました。
世界の常識で35歳を過ぎた女性の出産には母体への影響やダウン症などの後遺症があることは分かってますのでロシアでも35歳を過ぎて妊娠して子供を作ろうと考える人は悩んでます。

知り合いの女性は不妊治療で韓国やシンガポールにも出かけましたが結果が出ませんでした。ロシア女性にとって子供がないのは相当ショックなようです。

男性も同じですね。女性が妊娠しないのは男性にも原因があります。会員さんの一人は不妊治療で調べたら精子の活動力が低い、ということで病院で元気な精子だけを採取してもらいそれを使ってようやく奥様が妊娠し出産しました。彼女はもっと子供が欲しいということで元気な精子を冷凍保存してるので彼女の希望通りに不妊手術で二人目の子供を計画してるようです。

人間の根源、結婚することは子孫繁栄と次の世代につなげることと言う本能を忘れた人が多すぎたので今までの日本で少子化や婚活と騒ぐ前に現実を見直すことも大事ではないでしょうか。

独身貴族の未来はコンビニで買った弁当を家で一人で食べるということを想像したら怖くなったので結婚をしたいです、と面接に来られた男性が話してくれました。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました