ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

欧米女性とロシア・東欧女性の違い

この記事は約2分で読めます。

白人と言ってしまえば外見は白人だが育った環境と躾けで俗にいう東側・西側の女性は今では古い呼び方ですがはっきり違う面があります。

私はロシア以外にポーランド・ハンガリーそしてルーマニアの知り合いと長年繋がっており時々その国を訪問してるので私の経験から断言できることは男女平等が基本である旧共産国ではいまでも家事は女性の仕事となってることです。

特に顕著なのがロシアですね。ロシア女性は日本女性と異なり専業主婦を希望する人はまずいませんが仕事をしながら家事をするのは女性の仕事と思ってることです。

欧米女性と結婚した場合は家事の仕事は半々。妻が料理を作れば旦那は後片付けで皿洗いは普通ですし女性もそれを当然と口に出して言いますね。

旧東欧諸国では冗談でも家事仕事は無給だと怒る人には会ったことはありません。

フランス女性と結婚しフランスの普通の家庭に滞在すると夫婦共同でいろいろ家事を分担してるのが普通と考えてた私がロシア人家庭に滞在するとその違いを観てびっくりしたのを覚えてます。

ロシア女性の場合はいろいろな場面でその現場を観てます。

ウラジオストクで夜に映画にグループで行き映画のあと食事の話になったら普通は日本だったらレスおらんですがロシアの場合は家に行きましょう、私が用意しますとなり女性の家に行きました。
彼女はキッチンで何か仕事をしてるようですが私たちはお話しタイム。しばらくして夕食ですとキッチンに呼ばれたら5人分の料理が並んでました。冷蔵庫の中にあるものを並べただけですがちゃんとした御馳走でした。

一人で5人分を短い時間で用意する手際の良さはロシア人には普通の事のようです。

アドバイス:ロシア女性と結婚したら変な気を使って料理を手伝ったら頼まれもしないのに後片付けをすればロシア女性はどう考えるか? 旦那のポイントは確実に上がるでしょうか?
私が考えるのはロシア女性は邪魔しないでください、と言うかもしれません。

ロシア妻の料理の手伝いや後片付けをしなことで女性から苦情が出たら考えることにしてそれ以外は家事に関してはコメントしないでロシア妻に任せておくのが賢い旦那だと思います...

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました