ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

家計簿が理解できない、怖い女性達

この記事は約2分で読めます。

ロシア女性と結婚すると給料はロシア妻が管理すのが日本の習慣なので給料はあなたが管理してください、と相手が日本女性なら言われたことは理解でいますがロシア女性はちょっと苦手なようです。
ロシアでは夫婦で働いて得たお金は大体、夫が管理するのが普通ではないでしょうか。

 

家計簿の仕組みをロシア女性に説明できれば理解してくれる人もいるかも知れませんがロシア妻が怖がってるのは渡された給料が途中で消えたらどうなるか? 消えるというのは来日当時はお金の価値がはっきりしない、特にコインがはっきり理解できてないので慣れるまではいつも札ではらいお釣りをもらう光景を何度も見たことがあります。

コインの価値が理解できないので財布はコインだらけです。そして気が付いたら使い過ぎて旦那の給料日前なのにお金が無いとなったら”お前はバカだ”と言われて追い出されたら困る、と日本人が考えつかない理由があるのです!

このロシア女性達の悩みの解決を手伝ったので何と私の奥様です。
彼女はロシア女性に毎月の渡されたお金は封筒を用意して食料や公共料金などの支払いのお金を別々の封筒で保管してはどうでしょうか‽ 特に食糧費が一番金額が大きくなるので封筒を4つ用意して週別の予算をそこに入れて支払えば使いすぎる、払いすぎることは事前に気がつきますよ!

この方法を実行したある女性会員が今週の食費の残りは1000円しかありません。残りが3日あるのでこのお金で何とかしなければいけません、と笑ってました。こんな時。料理上手なロシア女性はやりくりが出来るそうです。ロシアでは普通にしてたことですからとその女性は笑ってました。

ロシア女性はサババルに向いてるのは戦争の記憶があるからでしょうね。ロシア人宅の冷蔵庫はいつも一杯に何かが入ってます。特にロシア料理は大量に作るのが普通なので残り物を工夫して何とかするのでしょうね。

 

 

ご意見・コメント

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました