ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

相手を見下す人は差別発言に注意!

この記事は約2分で読めます。

大部分の日本人は差別意識は少ないと思いますが小さな発言で国際問題になることがあります。

昔、海外旅行の添乗員をバイトでしてた時期があるので日本人観光客と各国を回るとアジア人と欧米人に対する態度が異なる人は少なくありません。

原因は日本人の矛盾する思考回路、先入観がそうさせてるのでしょう。
旅の恥はかき捨てて と 郷に入っては郷に従え この諺は見事に反対語どうしですがこの二つを使い分けてる人は何か異文化の人に対して自然に身に備わってる考え方なのでしょう。

ロシア人は白人ですのでアジア人に対する接し方とは皆さん異なりますがロシア人ということで言葉ではなく態度で私は違和感を感じることがあります。この違和感というのはいい意味ではありません。

テレビ界の有名なアナウンサーが東南アジアに出かけ現地の人を”お前”と呼んでました。私にはお前という言葉はイメージが良くありませんし自分では誰に対しても使いません。

日本でも使ってないお前を言う言葉を使ってたアナウンサーは全体的に相手を見下げた感じで日本語を使ってました。”ちょっと“ など。英語だったらプリーズを付ければ丁寧な言葉になりますし日本語でもプリーズを含むニュアンスの言葉はあります。プリーズなんてアジア人にはつける必要はないと思ってる人です。こんな人が欧米に行き、ホテルのドアマンに頭を下げることは自然にやってるでしょうね。

幸いにウラジオストクではまだ日本人のロシア人に対する無礼な行為は聞いたことがありませんがこれからはニュースになる可能性があるでしょう。

ロシア領事館でビザ申請の待ち時間に何かの理由で怒った日本人が”露助”(ロスケ)と領事館の人にビザが申請できないで怒ってる場面に出くわしたことがあります。

日本人を差別するロシア語をネットで探しましたが出てきません。かつては日本人んを黄色いサルと呼んでたという記事を見たことがありロシア人に聞いたら”そんなのは知りません”と言う返事。

ロシア女性と結婚したいと考えてる人でロシア語を勉強してる人はどれくらいおられるでしょうか?

ロシア語の勉強は必要だと考える人、女性は日本に住むのだから彼女が日本語を話せばそれでOKでしょう、と考えてる人それぞれです。私の意見としてはロシア語を勉強し話す努力をしてればロシア女性の男性に対する反応は違います。男性はロシアに興味があるのだ・・・と考えてくれるからです。

 

ご意見・コメント

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました