ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

商品名ノルレボ このクスリをご存知?

この記事は約2分で読めます。

もしご存知ならあなたの国際感覚はちょっとズレてると思います。私の最近このクスリの事を知りました。日本では人気があるそうです。効用はアフターピル、つまり緊急避妊薬です。
病院で医師から処方してもらう必要があります。一錠が大体2万円くらいだそうです。

無防備なセックスをして12時間以内に服用するれば妊娠の危険性を8割くらい低くするので簡単に言えば中絶剤ではないでしょうか?

日本で人気があるので市販薬として認めてもらう動きがありましたが厚生労働省で論議されましたが否決されたようですがこれからSNSやメディアで動きが出るでしょうね。製薬会社は大きな利益が期待されるからです。

妊娠というものは責任は女性にある!というのが欧米では普通の考えですが日本は異なるようですね。

責任は両方のオスとメス、異性体ん生殖でできるのが子供ですので責任はオスとメスにあると日本では立派なお考えですが欧米そしてロシアではこんな事を女性に話したらどんな反応と思いますか?

若いカップルが望まぬ妊娠が分かった時の行動は
①男性は他の男性の子供じゃないかと疑う
②男は逃げる
③男は自分の子供とは認めない・・・
といろいろ考えられますがすでにこのよな論争は終わってるので結論は避妊は女性の義務と考えるようになってるようです。

ある出会いで女性とセックスをする時は大人の女性、普通の欧米女性ならロシア人も含まて避妊は行ってますので男性がコンドームを取り出したらシラけてしまうでしょうね。

気になるなら女性に避妊は?と難しい英単語を記憶する必要はありませんので簡単な女性がすぐに理解できる言葉で尋ねれば女性も短い返事で答えてくれるでしょう。

 

 

ご意見・コメント

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました