ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

処女にこだわる男性・・・

この記事は約2分で読めます。

幸いなことに処女にこだわる男性は今まで現れてません。

10数年前に一人の男性がオフィスを訪れて来ました。
事前に会話USAの女性スタッフとメールで話し合ってたようでそのスタッフはこの男性の要望である処女限定に対して無理ですと返答してました。

 

これは二国の文化の違いですのでどちらが無礼なのかという問題ではありません。

女性スタッフはこの男性に 幼稚園に行って探さないと無理ですよ、とジョーク含みで男性に話したようです。冗談を言わないこのスタッフの目いっぱいのジョークだったようです。

相手の男性はアラブ人種で国籍はクウェート。ガチガチのモスレム教徒です。
一番のガチガチ、モスレム教国はアサウジアラビアで最近はようやく女性が車を運転できるようになりました。クウェートはサウジアラビアに次ぐガチガチモスレク国だそうですが女性は車の運転は問題ありませんし車の免許を持ってる人が結婚条件だそうです。

 

私がこのクウェート人と話をしたと気は優しくジョークも交えずに処女の女性が大事なら自分で探してください、と答えました。
それから友人関係になりある時にパートナーとクウェートを訪問し友達関係が今でも続いてます。

クウェートはお見合い結婚の国ですので彼のお母さんがお見合い相手を見つけすぐに結婚しました。お母さんが見つけた相手と結婚するのが習慣だそうです。でも、数カ月で離婚しました。

次は身内が探してくれた女性と結婚し5人の子供がいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました