ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

ロシア人同士の絆(内社会)

ウラジオストク
この記事は約1分で読めます。

かつての日本にも存在した相互援助、近所の人同士は家族みたいな関係で落語でも隣に塩やお米を借りに行く小話がありますが今のロシアにもこのシステムが残ってます。
ロシア人と交際してる中でこのシステムに気がつきました。

来日するロシア人が帰国するときに大量の荷物を持ってる光景を空港で見たことはありませんか?機内預けの荷物の量を遥かに超してる重さです。
当然、超過料金がかかるのですがそれを理解してるのでしょうね、当然という顔で数万円の超過料金を払ってるのですが中身は大したものではなくお土産類です。
ウラジオストクの知り合いが来日した時に大量のお土産、お土産リストがあり各人の名前を見てお土産を買ってました。約30人分くらいですので結構な重さになります。

理由を聞いたらウラジオストクの友達へのお土産だそうです。
お土産を配る友達も外国に行った時は同じようにお土産を買ってきて配ってるそうです。

ウラジオストクへ戻ると旅行の話をお土産を配りながら家を訪問するそうです。
30人分買ったら全部のお土産を配り終えるのに1カ月かかりますね、と尋ねたらそれが楽しみだそうです。
一種の個人外交ですね。

タイトルとURLをコピーしました