ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

ロシアの子育ては親です!

この記事は約2分で読めます。

日本では子育ては誰のしごとでしょうか?
ロシアでは子育ては引退してる親の仕事です。

ウラジオストク女性が日本で出産すると大体において母親が日本に手伝いに来ます。」赤ちゃんの面倒と躾が仕事です。ロシアと日本は教育方法が正反対ですので子育てはロシアでは妻の仕事ですので旦那が口を出せる場面はないと思います・・・。

特に最初の赤ちゃんが女の子だったら絶対に母親の仕事です。ロシアは資格教育で日本は甘やかす教育ですので正反対の躾はどちらが正しいかは結婚前に十分に話し合ってください。

多分に旦那の母親も手伝いはしたいでしょうがロシア妻が義母に気を使ったり言葉の問題でギクシャクするより気心のしれた母親がロシアから手伝いにくるのが普通です。

もちろん誰の手助けも要せず一人でがんがってる人もいます。

二人目が生まれると大変だと思います。
二人目が生まれた会員さん、ウラジオストクから両親が面倒を看に来日しました。
そして数カ月が過ぎた時にロシアの親は当然のごとく言い出しました。
赤ちゃん二人を面倒見るのは大変だから一人はロシに連れて帰ります。

ロシアでは孫の面倒は親が看るのが普通なので当然の申し出です。ところが思わぬ状況になってしまいました! ロシア妻がその申し出に大反対をしたそうです。

傍にいた旦那は本心は一人の子供がいなくなれば家が静かになり自分の仕事も減ると思いロシア親の申し出に内心喜んだそうですがまさか一番疲れてる妻がそれに反対するとは夢にも思わなかったそうです。

ハバロフスクの市内中心に子供の公園があります。一度そこを見学に行ったら赤ちゃんを連れて老夫婦がたくさんおられ名前通り子供の公園でした。日本でも地方ではこんな風景を見かけますがロシアでは老夫婦は赤ちゃんの面倒、そして躾が大事な仕事のようです。

 

 

ご意見・コメント

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました