ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

ロシアでの入籍はお勧めしません!

この記事は約2分で読めます。

会話倶楽部では2組、ウラジオストクで結婚式を挙げられた方がいますが運営者としてはお勧めしません。

ロシア人と国際結婚だから式もロシア式で・・・と安易に考える前にどのようなシステムなのかを調べてください。

①ロシア正教に改宗する必要
②結婚開示公開

ロシアでは結婚しますと宣言してもすぐには入籍は認めません。
カソリックも同じですが結婚する二人の名前を市役所などの公共の場で公表します。その名前を観て異議が出た場合は結婚が認められない場合があります。重婚などを防ぐ為でしょう。この期間が1カ月くらいですので子の公示期間に意義が出なかった場合は結婚が協会から認められます。申請と受理で教会の許可書を貰うのに二回、ロシアの教会に行くことになります。

それ以外に日本領事館に退出する書類の量、ロシア語翻訳などいろいろあるようです。
時間とお金、そしてシステムに興味がある人ならどうぞ。

 

日本の場合はロシアと比べると非常に楽です。
ロシア領時間でロシア発行の女性の独身組証明書を日本語で作ってもらうだけです。
それを入籍届と一緒に男性が入籍を行う役所に提出で終了。

もちろんこれだけでは女性には配偶者ビザは発行されませんのでビザ種類の変更や外国人登録書の作成など雑務がありますがネットに情報がありますので参照してください。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました