ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

ブログへの反応・コメント

この記事は約2分で読めます。

昨日はロシア女性の出産について書いたら

ウチは帝王切開でしたが家内は一人で全て頑張っていました。

というコメントが会員さんから来ました。
結婚されてすでに何年かが過ぎてますが自慢のロシア妻だと旦那さんは感心してます。

日本語学校の費用は仕事をして奥様がご自分で払って勉強し今では普通に日本語を話されてます。
旦那さんの車を使ってましたがそれが使えなくなると貯金したお金で中古車ですがご自分で車を購入して今運転してます。前に私の所に来るときもナビを使えば行けます・・・と本当に子供を乗せて運転してきました。

ロシア語をSkypeで教えてますが出産の時に生徒さん達にしばらく休校ですと伝えたら男性の生徒さん達は”驚き” つまり彼女が結婚してることを知らなかったのでしょう、ロシア語の勉強を止めたそうです。彼女もビックリです・・・勉強の目的はロシア語でなかったのでしょうか?と彼女の方がもっと驚いたようです。

”独身のロシア女性と自己紹介”しないと日本男性はロシア語を勉強しないのでしょうか”と私に質問されましたが彼女はそんなレベルの嘘を言ってまでもロシア語は教えたくないというか必要ないですね。

会話倶楽部では二つのブログを毎日書いてますが ”22年間の見聞”ブログの対象はロシア女性と結婚を考えてる方へのロシア女性と結婚したらこんな感じです、こんな問題が起きますと事前に知って頂きたいロシア女性との国際結婚ならびにロシア女性の考え方などの22年間の見聞です。

このブログに対するコメントは会員さん達から寄せられますがこのブログを読んで疑問を持つ人は会員さん達以外にいないようで一般の方からのコメントは皆無です。

このブログを読んでる人は疑問を感じない、興味がない・・・のでしょうか?
ロシア女性が書くブログの方が興味あるのでしょうか?

以前にはロシアスタッフ(女性)が英語でブログを書いてました。男性会員とウラジオストク女性の話です。そのブログにも読者のコメントはありませんでしたので辞めました。

反応がないのは読者がいないということですので書く意味がありません。
22年間見聞ブログには会員さん達から電話や投稿で返事があるので書き続けてます。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました