ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

サイレントマジョリティ その②

この記事は約2分で読めます。

サイレントマジョリティの性格を持つ方は学校での大人しい人だったのでしょうね。その習慣がしみ込んでるので自分の意見は遠慮されるのでしょうか。

それとも一人で暮らしてる時間が長いと会話が面倒なのでしょうか。

幸いに私は絶えず傍にもう一人がいますので家の中では会話は絶えませんので逆に彼女にサイレントをお願いしてるくらいです。私の親の代では夫婦の会話はどうだったのでしょうか。

以前、レオパレスのテレビ広告で着物を着た女性に旦那さんが ”おい、お茶”と短いセリフの広告がありました。着物を着た女性がお茶を入れ始めて 粗茶でございます、と差し出すシーン短い広告です。着物を着た女性は日本人女性でなく・・・何と会話倶楽部の私のオフィスで働いてたナスチャさんです!本人は何も教えてくれませんでした。当時は会話倶楽部の女性既婚者は日本に来るとナスチャさんの紹介でモデルエージェントに登録するのが普通でテレビ等には結構出てたそうです。

ナスチャさんの女の子も1歳になる前にNHKのオーディションに合格してテレビに出てました。

 

NHKのオーディション方法
NHKのあるスタジオに赤ちゃんとそのお母さんたち数十人がオーディションを待ってましたがなかなかオーディションが始まらないので赤ちゃんやお母さん達がソワソワし始めた時に急に大きな縫いグルもの怪獣がスタジオに入って来たそうですのでパニック状態が発生・・・!

いいえ実はこの時がオーディションで泣き出す赤ちゃんと怪獣に興味を示す赤ちゃん、そして怪獣に向かって歩き始め怪獣を触ろうと興味を示した赤ちゃんに別れたそうです。ナスチャさんのマリーナさんは無事、合格しました。

マリーナちゃんはトコトコ歩いて怪獣を触りに行ったそうでそれを行った赤ちゃん数人が合格だったそうです。

 

ご意見・コメント

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました