ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

ゴミ屋敷と万年床

この記事は約2分で読めます。

ゴミ屋敷という言葉は日本だけではないでしょうか?

ゴミ屋敷にもレベルがありますが・・・
とにかく、日本では荷物の多い人がおおくモノを捨てられない性格の人が多いようです。

他の国は・・・アジアは全体的に荷物が少ないですね。もちろん家族がある場合は荷物はそれなりにありますがここでは独身者で話します。

日本でゴミ屋敷・・・職業的には忙しい人が多いようです。とくに看護婦さんは24時間勤務は緊張の連続の仕事なので家に戻ると疲れがどっと出てくるのでしょう。そのまま寝てそして起きて仕事・・・収入的には高給なので食事も外食がおおいのでしょうね。

ロシアはどうでしょうか?
ロシア人の親子が我が家に滞在してる時、朝が私が外に出かけますというとロシアのお母さんの口癖は”ちょっと5分分間下さい”と言ってベッドメイクや簡単な掃除をするのが日課でした。

そうですね5分掃除すれば家の中は大体片付くのでこれを日課にしてればゴミは溜まりませんし家の仲も綺麗になります。この家を出る前の5分間を上手に使えばゴミ屋敷は出来上がらないのでは?

ロシア妻の掃除は・・・ある会員さんに言わせると”毎日が大掃除”だそうです。

ロシアや欧米では人を家に招待するのは普通の事なので家の中は綺麗にしておくのが躾けです。
友達を家に呼ばない人、来客がいない人は・・・掃除を毎日するでしょうか。

ある独身男性の家、独身者です・・・彼の家は万年床、こたつを中心に生活をしてるので便利だそうです。そんな家に女性を呼べるでしょうか・・・。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました