ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

またね!と使い勝手の良い言葉は日本だけ

この記事は約2分で読めます。

サヨナラで使う ”またね”
何かを依頼された時に依頼した人に使う”またね” はどの意味で使ってますか?

同じ言葉で ”今度”と言う言葉もよく使われる言葉ですがこの言葉を使ってる方はどんな意味で使ってるのかと気になります。 これはロシア女性だけでなく外国人との会話の中で英語が上手な人でも使われてます。 Next Time を翻訳すれば今度またね、となりますが日本人が使う場合は今度はいつなのかと指定がないので外国人、ロシア人も含め今度は承諾の意味だと理解しますのでロシア女性が何かを希望した時にこの”またね、今度”を使うと近い将来に問題になります。

来日した当時の私のパートナーは日本人と会って別れ際に日本人が 今度やまたねを使うと予定表を出して いつがご都合が良いですか? と自分のスケジュールと合わせようとすると日本人はびっくり、今度やまたねの時期は未定でただの別れの挨拶の意味で言ってるからです。

パートナーがいつがご都合が良いですかと日本人に聞くと・・・まず、最初の反応はびっくりですね。
ロシア人もこれは同じ反応をするでしょう。

 

結婚して距離が近すぎる関係になった日露夫婦間では女性からの頼みごとに男性が意味なしに”こんど”と女性に返答すればこれは男性が承諾してるので近い時期に実現してくれると考えてますので何もしてくれない男性に あなたは今度と約束したでしょう!と怒ってくる可能性は高いですね。

怒ってる妻に対して旦那は 何故、彼女が怒ってるのか全く最初は理解できないでしょうね。
ロシア妻からあなたは”こんど”と言ったでしょう、と言われて気がつけば良いのですが、私の妻は怒りっぽいと考えたら解決が難しくなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました