ウラジオストク女性と交際は遠距離恋愛ではありません

毎日のフライトで繋がってる日本とウラジオストク。僅か2時間で日本に一番近い白人国家は大の日本好きな都市。日露間を行き来する将来をお考えなら嫁さんはロシア人!

ウラジオストク女性と結婚紹介22年目の会話倶楽部ロシア

あなたはベッドもしくは布団派?

この記事は約2分で読めます。

ロシア女性と結婚したらベッドは必要ですね。
現在、ベッドを使ってる人は毎日ベッドメイキングをしてますか?
そのベッドメイキングに使ってる時間はどれくらいでしょうか。
私たちはベッドを使ってますが毎朝ベッドメイキングが私には難問です。

欧米ではベッドメイキングは親の躾で仕込まれ日課になってますので当然と思ってベッドを整えてます。たかがベッドメイキングと思う方は実際に欧米女性、ロシア女性も同じですが日本人が思う以上に綺麗にホテル並みにベッドを整える必要があるのです。我が家では最低5分必要です。

以前、ロシアの家族が我が家に滞在してる時に家を出かけるときは家の中は掃除しベッドメイキングをして・・・ロシア女性は家事仕事はてきぱきと働くので5分下さいと出かける寸前に言われてその5分で家の中の整理整頓が終わりました。

もしあなたが布団派ならロシア女性はどんな反応でしょうか?
一度、旅館に泊まった時に寝るときは布団でした。初めての布団に私の奥様は興奮してました。
実はフランスにも布団はあるのですがフランス人がFUTONという言葉を商標登録しておりフランスでも布団が流行ってるというかベッドでなくフロアーに上にマットを敷いて寝ることをFUTONと呼んでるようです。

宿泊した旅館は結構広い部屋で布団に寝た私のパートナーの布団の下の方を両手でつかんで畳の部屋を布団を滑らせて移動したらディズニーランドの遊園地と思ったのかよろこびはじめて大変でした。

こんなことで喜ぶなんて・・・文化の違いですね。

魔法の絨毯・・・魔法の布団と思ったのでしょうね。

 

ご意見・コメント
タイトルとURLをコピーしました