娘が日本に行くので質問が・・・

ロシア女性の両親は結婚相手が日本男性ならほとんど気にしてません。
しかし、時々親子でカウンセリングに来る方や娘さんの結婚が決まった母親から私に問い合わせが来ることがあります。

会話倶楽部では結婚する前に男性は女性の親とお見合いをするのがルールですので両親は男性に会ったことがあるのでほとんど問題はありませんが結婚で日本に行く娘が幸せになって欲しいので私には旦那への伝言を頼まれることになります。

女性は甘やかされると生意気になるので娘の旦那さんには娘を決して甘やかさないようにと伝えてください。
親からすれば当然ですが男性にすれば最初から厳しく・・・と言われても困っちゃいますね。厳しくすれば女性は決して喜びませんので。

娘が日本に嫁ぐことになると母親としても言ったことのない日本を調べて質問をしてくる人もいます。

日本は男社会なので仕事を終わると男だけで飲みに行く習慣がある・・・というのは本当ですか?
※ロシアでは今はアル中はほとんどいないのですがかつてはアル中が多いソ連時代を覚えてるのでしょう。日本も今は夜に酔っ払いが街を歩いてるという光景はほとんど見かけないですとそのお母さんには答えました。

日本のお風呂は同じお湯を皆で使うそうですが衛生的なのでしょうか?
※これは・・・返答に困りますね。私のパートナーはシャワーだけです。
ただしロシア人は温泉が好きな人が多いので・・・どうなのでしょうか?

国内在住ロシア人の紹介は・・・

国際在住のロシア女性の紹介は行ってません!
ロシア女性なら誰でもOKと言う訳には行きませんし紹介者がいないロシア女性?って日本で何をしてる人なのか分かりません。そして私の面接をパスした人ならと考えてますので現在はそんな女性はいません。

今までたくさんと言っても10数名が突然オフィスに来られて日本男性を紹介しろ、結婚してやると上からの目線で話す人がほとんどでした。経験から日本男性にはロシア女性が好かれると職業柄、勘違いしてる人達でした。

キャリアウーマンで丸の内界隈でバリバリに働いてるロシア女性もいますが彼女たちは仕事が面白いので結婚は考えてない人たちです、そして本人たちの収入より男性の収入が・・・。

ある東欧の女性がオフィスに来られて日本男性と結婚したいですと話に来られました。英語も話され彼女の母国語は私も多少は話せるし通算で5年くらいその国に住んでたので国民性は分かります。仕事は某国営放送勤務でお兄さんも日本に住んでるそうで実際にお兄さんも会いました。そしてある会話会員さんと結婚し両親が日本に来られて結婚式も挙げてました。

以前、会話倶楽部ハバロフスクの運営者だった女性は日本の商社に引き抜かれロシア関係の仕事を任され忙しく仕事をしてましたが今は結婚して都内に住んでるようです。ロシア女性はキャリアを求める人が多いですがある時期になると仕事より家族が大事と考える人たちです。

昨日、ウラジオストクより在日ウラジオストク女性の情報が届きました。彼女は2年前から会員ファイルで紹介してますが誰も見合いを希望された方はいません。年齢と子供が2人いるのが問題ですので・・・。

会話倶楽部では男性の収入は女性には知らせてません。理由は女性が男性の収入が大事だと考えてないからです。ロシア女性は共稼ぎが当然と考えてる人たちなのでロシアでは夫婦の収入で女性が高い場合が結構ある事実があります。

この辺は日本女性と結婚に関しての考え方が大きく異なります。収入が高ければ幸せ(本人だけ)になれると考えてる女性は日本には多いのではないでしょうか?
また、男性も収入が低いと結婚できないと信じてる人も少なくはないですね。

今回ウラジオストクからの打診は在日ウラジオストク女性はどうでしょうか?という話です。これは22年目で初めてのことです。

この女性は年齢と子供(女の子)が二人いるので男性の収入はある程度大事だそうですがこの女性は画廊やレストランの経営者で趣味で海外旅行であちこち一緒に出掛けれる男性が希望です。そして性格的に楽しい人、明るい人などなど条件がありますので本人の性格も同じでしょう。

日本とウラジオストクを行き来されてるようで現在はウラジオストクにおられます。
対象は50歳前後の男性です。