メタサーチ(比較サイト)

インターネットの検索でよく出てくるのがメタサーチ、同業商品やサービスの一覧表で値段やサービスその他を一目で比較できるサイトです。

結婚サイトでは有料サイト10社とかよく出てきますが公共団体が作ったものではありません。個人サイトでわざわざメタサイトを作ってる人はいないようですがほとんどが広告です。別名ステルス広告と呼ばれてるものです。

国際結婚に関してはいくつか登場しましたが長続きしません。そこに広告を出してくれるスポンサーがいなかったのでしょう。

それなら国際結婚を考えてる人は自分で作ることをお勧めします。
どんなサービスがあるか、どんな料金体系なのか、現地でのサポートは?
最近はロシアや東欧関係は来日の際の日本ビザの取得で大幅に規制がなくなってきてますので現在は司法書士関係者が4万から5万円で来日女性の招待招聘書類を作成してくれるのは昔は最低でも15万円だった時代と比べると格安になってます。

そして来日の費用もネットで航空運賃が簡単に探し出すことができるので大まかな費用は計算できます。

もうすぐロシア人の日本ビザは大幅に緩くなるようです。一度申請して取得すれば90日間は何度でも日本とロシアを行き来出来るそうです。
それが実現するとビザ申請取得をビジネスとしてる人達は・・・

 

昔と比べるとロシアや東欧関係の結婚紹介会社は減ってるのか増えてるのかわかりません。ネットがあれば簡単にビジネスを始めることが出来ます。

私が会話倶楽部で1998年に登場した時は競争相手会社はありませんでした。

義経の墓はロシアにある!

ネットの普及で最近は歴史を見返す、本当の歴史はといろいろな諸説を動画にアップしてる人が増えてます。
その中でロシアと義経、そしてウラジオストクがそれに関係してるという動画があります。
義経がロシアからモンゴルに行きそしてジンギスハーンになったという説は興味があります
蒼い狼と呼ばれたジンギスハーンが実は義経だったという話を広めたのは意外にも鎖国時代に日本で西洋医学を紹介したドイツのシーボルトだそうです。

この動画の主はウラジオストクの近くにニコライエフスク ナ アムーレがありそこに墓?がありロシア人がそれを実際に目にしてるという説明は私には説得力がたりません。ロシアの地理を知ってればニコライエフスク ナ アムーレがウラジオストクの北方の近くとは言えません。

昔、アサリをロシアから輸入したいという相談がありニコライエフスク ナ アムーレに行く必要があると言われたので手配をロシアに頼みました。この日本人たちは3泊4日でニコライエフスク ナ アムーレへ行き現場を見たいという相談です。
ウラジオストクから飛行機を二回乗り換え未知が未整備は道路を半日かかる距離で片道でも飛行機を使っても3日は掛かる場所に3泊4日は無理な話です。日本のアサリって私はロシア産がほとんどを占めてると思いますが日本ではロシア産のアサリは見かけないですね。

1192年鎌倉幕府と学校で習いましたが今の20歳代の日本人は1185年鎌倉幕府と教わってるそうです。
いいくにつくろう鎌倉幕府は死語になってます。

大体アメリカのケネディ大統領の事実が公開されてないので歴史って何でしょうか?
といってもテレビやメディア、新聞はつまらないので歴史の勉強をYoutubeで行ってますが諸説が沢山ありすぎて何が本当なのかは自分で納得するしかないですね。

東北弁で ”はい” は ウンダァと発音しますがだぁ(はい)というのはロシア語です。
そして色白の美人が多いのが秋田県です。と秋田の女性が話してくれました・・・。