仕送りっっ懐かしい?

ウラジオストク

日本では仕送り・・・・という言葉は懐かしい?それとも日常茶飯事でしょうか?
私は母に出来るだけ彼女の好物を送るようにしており母からも時々手作りの何かが送られてきます。これはロシアも同じですが国際間では送料がかかりすぎるので意味がないですね。

日本国内も宅急便等の値上がりでちょっとしたものでも送料が高くなると考えますね。
ロシアは母親から大量の食糧等が送られてきますがロシアは今でこそ宅急便が誕生してますが重いモノを送る場合は チッキ でロシアの駅にロシア人と一緒に引き取りに行ったことがあります。

日本ではURの消滅でこのシステムは終わってるようです。
ロシア人と会話中に何かのはずみでチッキの話が出たらロシア人も懐かしく思って話がが弾むでしょう。ただし、あなたがチッキを知ってればですが。

チッキてチケットが訛った言葉だそうですが昔の日本人は耳が良かったようです。
Ticket 英語ですが日本人は普通チケットと発音しますがこれは日本人以外や長年に住んでる英語圏の人には通じますが他の人には通じません。Ticket にはチという発音は含まれてません。
アメリカに住む日本人の方達で長年住んでる人達は誰もチケットという日本発音はしません。気になる方は長年アメリカに住んでる人の発音を直接聞いていただければすっと記憶に残るでしょう。

 

仕送りの内容がお金と思った人もおられると思いますが会話倶楽部で禁止してます。最初からロシア女性の送金することは禁止してます。会話倶楽部女性で仕送りが目的で日本人と結婚、なんて誰も考えてません。会話っ女性会員は結婚後は日本で日本語勉強そして仕事をしてロシアの両親が必要なら仕送り(只今皆無です)をする場合は女性が働いて仕送りするという万国共通のルールになってます。逆にロシアの親や兄弟からお金が必要なら送ります・・・と言われた男性会員は結構多いです。