スラブ族の母親

ウラジオストク

日本人と異なるスラブ人の人生観をポーランドの家族と1973年から付き合い今に至ってます。ロシアの場合はここ15年くらいですね、何が?  ロシアの法律で私が普通にロシア人宅に宿泊どきるようになったことです。それまでは旧東欧国ではロシア人宅の訪問は結構制限されてました。逆に厳しいけど気にしなかったのはポーランドです。

その為、日本人の私がポーランドを訪問し現地の家に滞在し出来たので一番長くポーランドに滞在でき訪問をすることも出来ました。

もちろんポーランドの官憲の人達が私がポーランドを出ると調べに来てたそうですがロシアは怖いのでしょうかえ押し合人は法律を守ってたようです。

それに対してポーランド人達はスパイ調査に官憲が来ると追い返してたと後で笑いながら説明してくれました。私たちの日本の友達を我が家に泊めると法律違反をいうのだったらポーランドは何と悲しい国なのですか?と取り調べの人達を追い返したそうです。言われた方もそうですね、と実際は考えてるので二度と取り調べに来ることはなかったそうです。

 

ロシア人は少し違います。

最近、会員さんがウラジオストク入国でE-VISAに問題があり入国できませんでした。帰国まで空港内の特別な場所に軟禁状態でそこの写真をネットで見つけまロシアに送ったらロシア人の反応は・・友人は大きなコネがありますがロシアビザ問題では何も手伝いができませんという返事。理由は管轄がk厳しい部門だそうですので。出入国の問題ですので担当はFSB、昔だったらKGBですね。ロシア大統領の出番だそうです、つまり誰もタッチできない部門なのでしょう。間違って賄賂やお金ねを見せたら大変な事になるようです。

他のロシア人のスタッフは出入国関係で問題を起こすとすべての記録が残り二度目の問題を起こしたら大変な事になるかもしれないのでその日本人に二度目の失敗を犯さないように伝えてください憂いとメールが来ました。

法律の解釈は分かりませんがビザの間違いで入国しようとしたのは問題化も知れませんが今回はロシア国内には入ってないので法律にどう触れるのか私はわかりません。

前にウズベキスタンの首都のタシケント市内を走行中にあるビルの写真を撮ったら滅茶苦茶ガイド中の友人から怒られました。

今撮影した場補はある部門のビルですので中から外を通る人たちを見張ってるのでカメラを向けたら大変なことになるので二度と市内でください、と、真剣に注意されました。

今のロシアは法律が非常に厳しいようです。ロシアは賄賂の国と考えてる人はロシア人とは冗談でも今はこの題目で話をするのは避けた方が良いと思います。

飲酒運転は即2年間免停です。ロシア人から車を取ったら・・・想像できません。
昔はつっぱてるロシア時男性、特に若者が多かったですが今は皆無と思っても間違いはないです。

以前はロシアでは普通だったことが今は出来なくなってます。特に警察官の強請りの話を聞きますが私は信じません。メドベージェフが大統領時代に警察関係の給料を大幅アップしてますのでそれを破ったら大変です。

スラブの母親の前置きが長くなりました・・・スラブの母は普通は娘と姉妹のような関係なのでもし交際してるロシア女性がお母さんと仲が悪い場合は問題のある家庭と思います。

スラブ女性は母親と姉妹関係・・・娘が結婚するときに結婚相手を親に紹介しますが親は娘が連れて来た結婚相手の男性を否定することは少ないようです。娘が選んだ男性は親の教育の中で人生を勉強してるのでその男性を否定したら親の教育が間違ってたことになり親の責任です。

娘が選んだ男性は親は認めて祝福するのが普通ですがその男性の年令が女性の親より年上だったら親は反対はしませんが良い顔はしないと思います。

ポーランドで家族付き合いをしてる家庭の娘さんが結婚してないのに3カ月後に出産と連絡がありました。結婚したの?と尋ねたら男性には家族があり子供もいるそうですので複雑ですね。

早速彼女のお母さんに電話すると もうすぐおばあさんになりますと喜んでます。歩ランドは早婚が多いのでおばさんは45歳で孫を持つことになりますのでうれしそうです。

そこで意地悪な質問をしました。
お父さんは誰ですか?私の知ってる人ですか?

答えに困ってるのがすぐに分かりましたが説明する言葉が見つからないようです。スラブの伝統で娘の幸せをい邪魔することは出来ませんので私への返答がしばらくしてから

 

彼は素晴らしい人で人間的のも良い人です。仕事を頑張ってるし人間的にも良い人です。
と言いながら重い口調・・・

年令は?と聞くと 返答言葉が詰まったようです。

”私より年上”

理由は妻子持ちで子供がいる男性だからです。

身内関係は誰も出産には反対しなかったようで怒った人もいませんでした。
が、これが日本だったら大変だったでしょうね。

 

年令差のある日露間結婚、年齢の差は関係ありませんと言いたいですが恋愛が本当なら誰も邪魔は出来ません。私の合アドバイスは女性の母親が男性より若い事! だけです。
日本人はロシア人からすると110歳以上実年齢より若く見えると言われれますが喜ぶのは実年齢より若く見えると言われたらちょっと喜んでも良いかもしれません。それは外見でなく男性の知見と思います。