日本のロシア進出・・・1906年(明治39年)

ウラジオストクには多い時で6000人の日本人が住んでいたと言われてます。知り合いの方のお爺さんも当時、ウラジオストクある工場を経営しており当時の話を幼い時から聞かされ引退したらウラジオストクへ行ってみたいと相談され現地のロシア人を紹介したことがあります。

お爺さんからウラジオストクの話を聞かされ一度は行ってみなくてはと定年まで考えておりそして実行されtました。それから何度もウラジオストクへ通われてるようです。

日本人が何故ウラジオストクへ出かけたのか?
ある日本女性の研究家によると出稼ぎだったそうです。それも長崎から多くの日本人がウラジオストクへ渡ったそうです。長崎の人が農業でウラジオストクへ移住する理由はないのでほとんどが商業案系だったのでウラジオストクの中心地に日本人街を作ったのでしょうね。

現在も本願寺跡がウラジオストクにありますので本願寺関係の資料を調べたらウラジオストクの情報がでてました。

下記は半田美穂さんの記録から抜粋

貸席とは・・・国語辞典より
読み方:かしせき. 意味, 代金を受け取って一時的に与える座敷。また、それを生業とする建物。
簡単に言うと売春宿です。860名の日本女性がカラユキさんでウラジオストクに渡っていたようです。カラユキさんはウラジオストクにもいたんですね。

1974年の日本映画でサンダカン八番娼婦という映画がありました。実話に沿った内容で主演の栗原小巻さんはロシアそして東欧で一番有名な日本女優です。この映画が影響してると思います。

内容は非常に重い内容で私は1975年にポーランドのワルシャワで現地の友人に誘われて観に行きました。暗い、クライ重い映画です。日本にもこんな過去があったのだと知りました。

日本ではどうだったか知りませんがロシアや東欧の年配者の方はこの映画は記憶に残ってる筈です。1975年は日本経済絶好調で大国日本と日本人が騒いでいた時代ですが東欧の人達はその時日本をどう考えてたのか?と今はきになります。

ウラジオストクはカニの街!

恒例のカニ祭りが終了したようです。

今年は
でしたので日本人には安いでしょうね。
1kg2400円ですので・・・ ウラジオストク市内の有名なレストランでこの祭りに参加し同一価格で観光客に提供してたそうです。蒸す、焼く、そのたご希望の調理方法で提供。
カニを一匹丸ごと食べるって経験は日本では簡単に出来ないですがウラジオストクでも高価ですがちょっと奮発すれば可能だと思います。
仲の良いロシア人を持てば太っ腹のロシア人にカニを丸ごと食べるのが夢ですと言えば奮発してくれる人もいますので中の良いロシア人を作りましょう。

海産物はウラジオストク空港でも購入出来ます!

 

スモークサーモン

タラバガニ

サイズによって値段が異なります。カニは大型でも味は同じだそうで大きいサイズは高いです。
ロシア人はカニ肉は普通サラダで食べてますがカニボコが幅を利かせるくらいロシアでも高級品です。

ロシアはサケが多いのでイクラは安いと思いますが値段的には日本と同じくらいでは?

日本では近所の紀伊国屋で高級品がイクラは50g1500円です。

 

日露のファッション比較

日本人の多くの人はロシア人の色彩感覚に違和感を感じる人がおられるようです・・・

そんな方はロシア人も同じように日本人のファッション、色彩感覚が異常だと思ってるとは考えられないようです。ロシア人は変で日本人は普通・・・
これはファッション色彩だけでなく考え方も似てますね。

最近はあまり聞きませんが(この言葉を発する人と話をする機会がない、避けてる・・・)テレビを見れば聞ける言葉なのでしょうか  そんなの常識・・・と言う言葉です。

ロシア人に常識と言う言葉、これはロシア時だけではないですが欧米系の人に使うと相手にされなくなりますしロシア人に常識という言葉を頻発してたある男性はロシア女性から

日本とロシアの常識はことなります! と言われて目が覚めたそうです。常識人はインテリで知識人と自称してる人だけが使う言葉でその人の周りだけで通用する言葉と考えた方が良いと思いますがどうしても大衆の中の一人と考える習慣がついてる人は文化の異なる人と話すとお互いの理解が出来ないようです。

ロシア女性のファッションは派手だ、水商売ファッションと考える人はロシア女性にその派手な色好みの理由を聞いてください。理由がありますので・・・

そんな質問は女性には気持ちの良い質問ではありませんので本当なら聞かない方が良いのですが試しに聞いてみればロシア女性もお持てることを口に出して男性に質問するでしょう。

なぜ、日本男性はネズミファッションなのですか?多くの男性が同じ色の灰色や紺のスーツやコートを着てるのですか? 軍隊と同じですよ!

嫌われるケチ男、ロシア男性も大変です!

ロシアでは女性からケチと思われたらその男性には将来はありません。
ロシアの男性は女性とのデート費用や旅行は男性が払うものというロシア独特の伝統がありロシア男性もそれが普通と思ってるので外国男性がロシア女性と交際するとロシア女性は女性が考えるケチなふるまいを男性が行えば女性は変な男性と思う可能性が高いのはロシア女性にも考えてもらいたいですが今までのロシアには女性が収入をそれも高収入を得る手段や周りの環境がなかったので仕方がない部分もありますがデート費用は男性が払うのが当たり前と思ってる方にはロシア女性と交際できる資質があると思います。

欧米ではデート費用は割り勘というのが一般的ですが中には当然と思う人もいますのでそれが分かった時点で男性は女性と距離を行いと今後の展開はいつ終焉を迎えるか・・・なるでしょう。

男性が女性にプレゼントやその他の出費をするのは否定する男性もいますが下心は女性との肉体関係が大きいと思います。男性がそれを否定しても女性は”私を狙ってる”と考えるのが普通ので男性の下心は最初から女性に見抜かれてますので無駄な出費は考えてください。

欧米女性は男性がお金を使うのは女性の体が目的と信じてますので欧米女性は割り勘というのが女性の予防手段です。

今回のウラジオストク訪問で高校生の娘を持つ母親から聞いた話です。
娘さんは17歳、最近ボーイフレンドが出来たらしく母親は心配してます。幸いに男の子は学校で優秀(スポーツと勉強)でトップクラスだそうで私も会いましたが最初にロシア男性の特徴である力強い握手をしてきました。手が痛いくらいでしたので痛いと言ったのですがジョークが通じないロシアの男の子は理解できなかったようで、傍にいた娘さんも私のジョークが通じませんでした。正直にいうと私はロシア男性はジョークが通じないので苦手です。すべての私の発言を真剣に聞こうとするからです。つまりロシア男性はジョークはお互いに慣れるまでは言わない方が良いようです。

最近交際が始まった二人は娘さんを太陽が沈む前に家に送り届けるというロシアの習慣を守ってる男の子でお母さんもその点は安心してます。

最近のウラジオストクは食べる場所や行く場所によってお金がかかる場所が増えてきたので彼氏はお金が、デート費用が多少必要なのでアルバイトをしようとお父さんに相談したら即”ダメ”と言われたそうです。ウラジオストクは今は求人が多いのでアルバイトはたくさんあるのでレストランのウエイターをしようと考えたそうです。そこで働けば幾ばくかのデート費用が捻出できると考えたようですが今のロシアでは高校生がバイトをするというのは親には信じられないそうです。お父さんからはお金が無くてもデート方法はいくらでもあるでしょう、と言う言葉は今の若者には理解できないようです。面白い場所、レストランで楽しく二人で過ごすにはお金が必要と今のロシアの10代は考え始めてるようです。

そう言えばウラジオストクの人通りの多い場所ではチラシ配りをしてる高校生を見かけました。