ボルシチから日本人考察

この記事は約2分で読めます。

日本にもいくつかのロシア料理店はありますのでロシア料理を食した人は結構多いと思いますがその料理を作れますかと聞かれたら躊躇する人は多いでしょうね。

第一にどんな材料を使ってるのかが分かりません。料理を見ればどんな材料が使ってあるか分かる人もいますが問題は味付けですね。そしてロシア料理にも隠し味があるのです。これを知ってるロシア女性は料理の味が分かる人でその人もその隠し味を料理をすると気に実行してます。

ロシア人が自宅に来ると言うことでロシア料理、ボルシチ(スープ)を作ってロシア人を驚かそうとしました。その方はロシアに行ったことがあり本場のボルシチは食べてますので材料はロシアでたべたボルシチを思い出して材料を買いそろえて料理を実行したそうです。

本人としてはまぁまぁの出来で味も良かったそうです。それを実食したロシア人のコメントは聞き忘れました。私は悪い話はすぐに忘れる性格で反対に言話はおぼえてるのですが。

普通料理を作るときは出来るかぎり本物により近い料理を作るのが普通と思いますがこの方が作ったボルシチはロシアで作るボルシチの材料とは程遠い内容でしたので味はどうなったのか・・・。
表現の自由と同じで料理も個性があっても良いかもしれませんがここでは私は正統ボルシチスープについて述べます。

ボルシチは肉とビーツが基本です。
肉は日本では最近売られ始めた部位で英語では Shank meat 日本語はスネ肉
そして赤色スープはビーツです。


そして出来上がったボルシチにはスメタナ(サワークリーム)を混ぜて食べます。
日本ではスメタナはサワークリームとして販売されてます。
しかしロシアのサワークリームと日本のサワークリームは名前は同じでも製造工程が異なるので同じものではありません。

結論は日本では本格的なボルシチは材料が揃わないので難しいです。日本の料理の説明は日本人の性格を完全に逸脱してます。スネ肉がないから・・・・鶏肉を。
ビーツがないから赤カブを使いましょうと自信たっぷりに解説してる料理人も多くいます。

スネ肉って日本人は興味より美味しいの?と考えるようです。
スメタナ・・・酸っぱいヨーグルトより不味いと思う人が多いようです。
ビーツは欧米では栄養素が高く畑の血と言われてますが土臭い味は日本人なゴボウ以外は食べないので敬遠されてますのでそんな環境の日本で好んでボルシチを食べたり作ったりする人はいないでしょうね。