子供の教育 語学力・・・

ウラジオストク
この記事は約1分で読めます。

国際化という言葉と一緒に子供の教育を日本の学校でなく英語で・・・という風潮で国際学校に入れる人が多いそうです。俗にいうインターナショナルという学校で東京にも結構な数があるようです。

幼稚園も国際化で先生が外国人。しかし・・・何故か会話倶楽部のウラジオストク妻の中で幼稚園で仕事をしてる人が何人かおられる話を聞いたことがあります。英語を話すのが必須ですがロシア女性で英語が上手という人は数えるくらいですので”英語を話す外国人”というのが英語教育の幼稚園で働く条件でしょう??

ウラジオストクも同じで子供に早くから英語を習わせるロシア人親が増えてるそうです。こんな点は日本人とロシア人が似てる面ではないでしょうか? しかし、ロシア大使館近くの麻布小学校にはロシア人の子供たちが通ってるようです。逆にロシア大使館の中にあるロシアの学校へ通ってる日本人もいるようです。通学時間には大使館に行く用事がないので今まで一度しかランドセルをからってる日本人の男の子が大使館の正門をくぐる光景を見たことしかありません。

大使館関係の子供は国が学校の費用を払いますがそれ以外はインターナショナルの学校って授業料がバカ高いです。それに怒ったアントニオ猪木氏が自費でインターナショナルスクールを昔作ってましたがネットにも情報はありません。

二年前に4回目の結婚をしてますね。