労働者不足のウラジオストク・・・

ウラジオストク
この記事は約2分で読めます。

ウラジオストクで求人広告を見つけました!
労働者が足りないと言われてますのでとうとうウラジオストクでも求人広告が誕生したようで新しいビジネスですね。
ロシアで不思議なのはロシア人の月収がはっきりしないことです。一つでけの仕事で生活を支えてるのは一部の人だけ、ロシア人はいくつかの仕事を掛け持ちしてするのが普通ですのでロシア人に月収を聞いたら答えてくれますがその数字を聞けば日本人は少ない・・・生活が暮れしいだろうと想像される人が殆どですがロシア式にお金の流れを考えたら理解できません。

下記はタクシードライバーの求人広告です。
ロシア人はタクシードライバーはあまりしたがりませんのでほとんどのドライバーは中央アジア、ウズベキスタン人が圧倒的に多いです。3回使ってすべてウズベキスタン人のドライバーでした。料金はスマホで告げるのでロシア語は必要ありませんし配車が決まれば到着は何分後、料金そして車のナンバーがスマホに示されるのでスマホを片手に待っていれば目の前にタクシーがとまりナンバーを確認して乗車するだけですので日本がオリンピックでこのシステムを採用するそうで今は試験段階状態です。ロシアだけでなく世界中で普通になってるシステムですので日本はなぜ今頃・・・不思議です。

ロシア語を日本語の訳してますが月給は高いですね。でも、ロシア人はやりたがらない・・・というのは他にもっと高い給料がもらえる仕事があるからでしょう。

モスクワの給料は日本より高いと言われてますがウラジオストクでも結構高くなってます。
そうでないと10万ルーブルを超すiPhoneを子供が普通に使ってる筈はないですね。