タクシー料金を明確化と日本の話ですがウラジオストクではすでに始まってます

ウラジオストク
この記事は約1分で読めます。

国土交通省は2019年10月25日、配車アプリを活用したタクシーの事前確定運賃サービスを認可しました。このシステムは、乗車する前に運賃が確定することによりタクシーを使いやすく、安心して利用できる環境を目指しています。

 

ウラジオストクではすでに5社ほどがこのシステムを普通に利用しており住民もスマホでどこかの会社に連悪すればGPSで何分後に電話をした人の場所に来るか運賃と一緒にすぐに返事がきます。料金は距離制ですので行きたい場所を最初に入力すれば一緒に料金も提示されます。なぇ、ウラジオストクが先にこのシステムが運用され都内で一部がオリンピックに備えて始まるのか?と不思議です。料金は距離制とその時の込み具合で決まるようで料金は一致してませんが市内から空港までで利用しようとしたら電話をした時点で料金が表示され時間によって料金が異なるようですが市内から空港までは800から1200ルーブルの間位のようです。

下記は空港のタクシー料金表です

ウラジオストクまでは1500と2000ルーブルの二つがあります。

ナホトカは5000ルーブル、ウスリースクは2200ルーブルと料金は一定です。チップは必要ありません。