日本人は日本人をほめ過ぎてませんか?

ウラジオストク
この記事は約2分で読めます。

最近は日本人感を少しひねくれてみるようになってきた自分があります。
東京オリンピックを誘致した時のおもてなしの言葉や最近のWラグビーで日本人の外国観光客に対するおもてなしの良い面がニュースになったりYoutubeで取り上げられたりと日本人は良い人達と自画自賛してる日本人がちょっと増えてるようです。

その方達の周りの日本人は良い人ばかりなのでしょうが逆に日本ではあり得なかった問題が起き過ぎてます。

ヤフーで検索するとたくさん出てきますね。

何か私の世代とは異なる日本が普通になって来てるようです。
小学校の先生が先生を虐める・・・この世の終わりの始まりです。

そして虐めた先生たちがそれを学童に面白く話をしたそうです・・・事実は何も解明されてませんが学童が先生から同じ虐めを受けてたら、それが自分の子供だったらフランスの親と同じ行動を私は取るでしょう。私より先に妻が先生に敵を討ちに行くでしょうね。

フランスの父親だったら散弾銃を学校で使っても驚きません!

日本とフランスの小学校の違いはテレビで日本の校長先生が”知らなかった”と責任逃れをするのが普通ですが日本人なら切腹だ!と妻は叫んでます。

 

フランスの小学校では校長先生の仕事は全校生徒の名前を覚え家庭事情をすべて把握するのが校長先生の仕事だそうですので朝の登校時は校門で校長先生が児童一人一人の名前を読んで声をかけるのが昔からの習慣だそうです。児童の家庭事情も把握してるので一人一人校長先生は朝の挨拶以外に児童とコミュニケーションを取るのが本職だそうです。