自然の味です・・・

ロシアのキノコ
この記事は約1分で読めます。

日本人とロシア人の共通点でお互いにキノコ類が好きな事です。
日本人の場合は高価なマツタケとイタリアンで使われるポルチーニに人気があるようです。
理由は高価だから・・・でしょうね。

ロシア人はマツタケは食べません。理由は臭いからというのが一番の理由ですがロシアン森にマツタケが生えててもロシア人は収穫しないようです。理由は臭いからそして調理方法を知らないからでしょう。
そんなロシアの森に行った日本人のイタリアンシェフがマツタケとポルチーニを見つけてびっくり。ロシア人は誰も高価なキノコとは考えてないので取り放題で大量に貰ったそうです。

日本では森林に入ってキノコ狩りをする人は一部の人達だけですがロシアでは季節のイベントで秋になれば森に出かけてキノコ狩りとバーベキューが普通です。

ポルチーニ 乾燥したポルチーニは20gで1000円くらいです。イタリア料理の高級素材です。

ポルチーニはイタリア産? 世界の一番の輸出国はポーランドです。
日本は技術力で年間を通してキノコが収穫できますし安いマツタケを海外から輸入してスプレィで待つための匂いを付ければ高級品で売られてます。