バーチャルマネー、ロシア人と日本人の違い・・・

日露の大きな違い
この記事は約3分で読めます。

バーチャルマネーとは・・・勉強しましたが意味が理解できない、出来ない説明ばかりなので”怪しい”と判断して無視してますが結構バーチャルマネーに投資してる人がおられます。投資してるぐらいだから内容は理解されてるようですが何も知らない私に説明を求めると突っ込みの質問の返答があやふやなので本人も分かってないのでしょうね。
ビットコインを購入してるそうですが急上昇したり逆に落ち込んだりと・・・ギャンブルではないでしょうか?
ビットコインは一時期テレビで宣伝してたので名前だけは広まってるようですが広告では儲けた場合の税金については全く説明がないです。政府も認めてるくらいですので信用度ではなく税金に重みを置いてるのでしょう。
税金はほぼ半分ですので多少の利益が出ても実際に儲ける人がいれば損する人がいます。

仮想通貨には、日本円や米ドルなどの法定通貨のような手形交換所がないが、登録を受けた仮想通貨交換業者は存在している。決済記録に関する義務の規定がないが、ブロックチェーン技術によって決済記録は公開されている。

仮想通貨に対しては、以下の様な問題点が指摘されている。ブロックチェーンはこれらの原因になりうる。
ロシアでもビットコインと一部の政治家が騒いでましたが投資額が100万円単位なので高すぎるとあるロシア人が言ってました。ロシアにはビットコインよりもっと儲かるビジネスが多いので余程お金の余ってるロシア人だけの遊びだと思います。儲けると税金がかかりますしシステムのブロックチェーン技術で決済記録は公になってますのでロシア人向きではないです。

  • 利用者に対する価値の保証が無い。
  • 街が停電したら使えない
  • 電磁パルスを撃たれたらデータが全て消える可能性がある
  • 51%攻撃による取引記録の改ざんの恐れがある。(ビザンチン将軍問題)
  • 闇市場を生みやすい。
  • 課税の逃げ道になる。
  • 資金洗浄に利用される。
  • いわゆる「セミナー商法」による、投資詐欺の可能性。
  • 仮想通貨と法定通貨とを交換する取引所の管理体制の甘さ。

知り合いで金融関係のプログラムを考えてる人がいます。IT Arikitectureと彼は話してましたが・・・ITの建築家のようです。彼の特技は数学で幼少の頃から何か特別だったのでしょうね。広告を卒業するときに世界各国(日本はなし)の大学から奨学生として歓迎されたそうですが言葉の問題で英語圏の大学を選びアメリカに留学しました。
学生でありながら彼の頭脳は銀行や証券会社ならび留学先の政府から歓迎されたそうです。4年間で家を7軒購入したそうですが家をビジネスとして動かすのは不得意で利益は出なかったと笑ってました。

彼の頭脳で何かのシステムを構築する仕事の方が利益は高かったそうですが彼はお金には全く興味がない人でした。9年前の話ですが彼が仕事で契約し彼の頭脳を使って考えるシステムは依頼先には歓迎されたそうですが彼のプログラムを使って特に証券会社がそれを運用すると莫大な大金を稼ぐ人、逆にすべてを無くす人が現れ毎秒ごとに人々が一喜一憂をしてるのを見て”私の頭脳をそんなものに使ってくれるな”と会社を辞めると言ったら数千人の人がこの会社に入社を希望してるのに何故、あなたは数カ月でこの会社を辞めたいのか?理解できないと言われたそうです。

彼の頭脳を求めてる会社は世界中にあるそうで自分から仕事を探す必要がありません・・・と笑ってましたのでちょっと仕事をすればお金が入るけど彼の頭をまともに、彼が興味を持つ仕事の依頼はないので毎日家で寝てるのが日課。仕事をするときは5星ホテルに缶詰めで日給は最低で5000ドル。

彼が有名になると女性達が寄って来たそうですが彼が選んだ女性は”日本人限定””と何度も来日してました。
中学生の時に車を分解してまた組み直して動かすので趣味で世界中の車を分解して組み立ててる中で気がついたのは日本車は最高!という印象を持ち日本に興味を持ち始めたそうです。

アメリカの複数の大学院で数学を勉強し私が会った当時はハーバードに通ってました。