Wカップラグビー ロシア最終戦

こん週の水曜日はロシアの最終戦。3戦3敗と勝利に見放されてますが最終戦の相手はスコットランド。相手が強すぎますしラグビーは番狂わせはなかなか起きないスポーツですので頑張っても実力が異なれば勝利の可能性は見えてきません。

本当は欧州代表はルーマニアと内定してましたが上位三チーム(ルーマニア・ドイツ・スペイン)が起こした何らかの理由で欧州順位5位のロシアが代表に選ばれた事情があるのでロシアも今回は参加するのが目的です。

今回のワールドカップで注目してる選手は日本では無名である身長166cmの田中史郎。


五郎丸と同じ年齢ですが日本代表には日本で最も有名な五郎丸は選ばれませんでした。
実力からすれば当然の選出です。五郎丸・・・走るのは遅い、練習嫌いそして頭を使わない・・・とラグビー選手として選べれる理由がありません。トライを取った時のゴールキックが独特のお祈りポーズで人気が出てた選手ですのでトライを取らないとゴールキックも出来ません。トライを取り得点を積み重ねないと勝利にはつながらないことを考えたら当然の結果です。
一時期はフランスのプロチームに属しましたが契約金は1.9億円の割には5試合に出場しただけで得点はゼロでした。1年で帰国・・・しかし日本では人気があるのでメディアには登場してます。


166cmとラグビー選手ではあり得ない身長ですがガッツと練習量、国際試合経験数は日本で一番です。ニュージーランド留学経験もありラグビーで大事な瞬間で判断する能力は非常に優れてます。SHスクラムハーフのポジションは現在は流大(サントリー166cm)が主に使われてますが後半に田中が出てくると拍手が鳴りやみませんし試合の流れが変わる幸運を持ってきてます。
流大の評価は下手とネットに出てますが下手だったら代表に選ばれないはずです。スクラムハーフはボールに触る回数が多いので何かミスすると目立つので下手と言われてるかもしれませんが田中は同じポジションでミスの代わりにチャンスを生みだし果敢に倍tのサイズの相手にぶつかっていくシーンも見られます。私が監督だった・・・田中をメインで使います!

ロシアのフィギュア新星

「フィギュアスケート・ジャパンオープン」(5日、さいたまスーパーアリーナ)

ロシアの新鋭15歳のアレクサンドラ・トルソワが一位
綺麗とか可愛いという説明はありません。15歳だそうです・・・

日本で有名なこの女性は2位です。