ロシアビザ申請は予約制

ロシアビザ
この記事は約3分で読めます。

在日ロシア領事館での行うビザ申請は予約制です!
機能的に行うためにロシアビザ申請は事前にネットから予約しないと今までと違ってロシア領事館はビザ申請を受け付けてくれませんので本日はビザ申請のため先週行ってた予約申請でロシア領事館に久しぶりに行きました。

今までは銀行と同じように領事館で受付番号を貰って順番を待てば良かったのですが今は事前予約制で本日09:36という時間での予約でしたので時間前に行きました・・・。領事部の門を開いて中に入るとロシア青年が待ってました。事前予約を行ってましたが予約を行ったという書類は貰ってませんが中に入れてくれました。

 

事前予約のウェッブサイト
http://tokyo.kdmid.ru/ ロシア語もしくは英語の説明のみで日本語はありません。

このページそして次のページと順調に進めば良いのですが何をすれば良いのか?と迷う場面が出てきます。
このページで予約が出来ない場合は・・・大使館が設立したロシアビザセンターでビザ申請を申し込めます(が、有料です・・・)。」

ロシア連邦入国ビザ申請者へのサービスの品質向上を目指し、大使館領事部ではロシアビザセンターが業務を行います(https://interlinkservice.world/japan/, 03-6555-5285)。

ビザセンターはビザ受給手続きの迅速化・簡素化や申請者にとってできるだけ快適な環境作りを目指し、ロシア連邦入国・滞在時の規則の申請者への説明、ビザ発給に必要な書類に不備がないかの確認、申請者を代理した領事部での書類提出(受け取り)を行います。

ロシア連邦外における外国籍の方へのビザ発給の決定や却下、またビザの発給自体は、従来通りロシア連邦領事部(館)の特権事項となります。

これまで同様、申請者が直接領事部に赴きビザ申請書類を提出することも可能です。その場合は、インターネット上の領事部(館)サイトにおいてネット事前予約を行う必要があります(事前予約のためのリンクを掲載)。

事前予約システムを利用した詐欺行為を除外するため、領事部(館)はネット予約時にデータ登録をした人物に関する書類のみを受領します。システム上に表示されるデータと申請者が領事部(館)に提出した書類のデータとが一致しない場合は、書類の審査は行いません。ネット予約による割当て時間1回につき、提出できる書類は1件分のみとします。

事前予約システムを利用した詐欺行為?って何なのかわかりません。本日から消費税がアップしていろいろな説明がされてますが内容が理解できないのはロシアのビザシステムも同じです。上記のリンクでロシアビザセンターの日本語ウェッブサイトにアクセスすると私には意味不明なことが書かれてますがサービスを代行してもらう場合には有料です。今までビザ専門会社や日本の旅行会社が代行を行ってたのと違いはありません・・・。