ビザ申請の写真は大事、とても大事というか厳しいチェック

本日のビザ申請は・・・受付で写真が駄目、ということで受け付けてくれませんでした・・・。
今まで、22年間の領事館通いで写真が理由で断られたのは初めてです。
普段通りに行っていたのですが・・・駄目でした。種類の違う写真も用意したのですが担当者は新しくパスポート写真レベルのモノを用意してくださいとコメント。

朝早い受付けなので徹夜で寝ずに領事館に行ったのですが駄目なものはダメですので諦めた新しくビザ用の写真を準備しなくてはなりません。

スマホで写したものをコンビ専用のアプリで証明写真用のサイズにしてコンビニでプリントしたのですが駄目でした。コンビニの説明をみるとすべての場所(パスポートやビザ)で必ず受けうつけてくれるとは限りません、とちゃんと書いてあります。200円の証明書用写真はロシア領事館では認めてくれませんのでしたので要注意!

ウラジオストクはE-Visaで個人申請をネットで行えますがその場合も写真に気を配りましょう。領事館と異なり機械が判断すると思うので目で確認チェックする領事館よりチェックが緩いかもしれません・・・?

写真の不備で在日ロシア連邦大使館領事部で申請が受理されない事例が増えています。ご注意ください

ビザ申請のためにご準備いただく写真は下記の規格です。
①縦4.5mm  横3.5mm (4.5×3.5)
②一般証明用写真(パスポート申請用サイズと同サイズ)
画質はパスポート用写真に準ずること 

申請時に却下される写真の事例
・サイズが小さい(4mm×3mm)
・画質が悪い(ピンボケ、コピー用紙への印刷、解像度が悪い)
・スナップ写真の使用(背景が写っている)
・顔が大きすぎて頭の部分が欠けている
・口が開き、歯が見えている
・証明写真機で撮っていないため、顔の面積率が低く上半身が多く写っている(引いた構図での撮影)

申請用写真の可否は、在日ロシア連邦大使館領事部の外交官の判断となります。
ビザ申請用の規定の写真に適合しないと判断されますと申請が受理されません。

※少しの手間を惜しまないことで申請がスムーズになります。
規定のサイズ(4.5x3.5)の証明写真をご準備ください。