ラグビーの共通語は英語!

外国語習得
この記事は約2分で読めます。

国際試合のラグビーの共通語は英語です。
ラグビーの発祥が英国なのでルールやゲーム用語は全部英語を使ってますので国際試合でレフリーに苦情を言うときは選手でなくキャプテンがレフリーに英語で申し出る必要があるので今回のワールドカップの日本チームのキャプテンはリーチ・マイケルです。英語と日本語の両方が使えるだけでなくキャプテンとして統制力があるからです。

有能な日本選手も将来を世界のラガーマンと考えてる人は英語を特訓してるようです。

昨日の日露戦でロシアの選手がレフリーにしきりに苦情を出してましたが英語だったのでしょうか?それとも英語を話せるロシア選手だけがブツブツ言ってたのか気になります。

11月2日の決勝戦まで何十試合と日本各地で試合が組まれてますがロシアは昨日本に負けたので残り試合はNHKや日本テレビではロシア戦は放映されません・・・。日本にもたくさんnロシア人が住んでおりロシアの試合を見たい人もいると思いますが衛星放送もしくはスタジアムに出かけないと試合はみれません。他の国も同じですね・・・。20カ国の国が参加してますがメジャーな国と日本が試合する以外はNHKは放映しません。

民放なら仕方がありませんがNHKなら全試合をテレビで放映すべきではないでしょうか?日本各地の試合開催地ではいろいろ工夫を凝らして選手たちを迎えてるのでその辺をテレビで紹介すrのが公共放送ではないでしょうか? と言っても受信料を払ってないので大きくは文句は言いません。

ロシアはあと三試合残ってますが普通のテレビや民放では放映してくれません!

レフリーの胸にはエミレーツ航空の名前が書かれてます。こんかいの大会のスポンサーですので大きな広告になりますしエミレーツは現在世界トップクラスのサービスと機内サービスを提供してるので私のマダムはパリに戻る時は直行便よりドバイ経由のエミレーツ航空を使ってます。

今大会の選手たちはみなさんエミレーツ航空で来日してます。エミレーツ航空が就航してる各国がすべてワールドカップに出場してます。