9月24日から9月30日までは現地運営者モスクワ出張でお休みです

ウラジオストクでナンパ・・・

ウラジオストク
この記事は約3分で読めます。

日本もロシアもセックスに関しては本人たちの自由ですので罰則はありません。
罰則と言うのは仮に女性に手を出した場合はその責任を取らないと法的に訴えられて困ることが出る場合を意味してます。

ロシアは男女の知り合いはナンパもしくは友達の紹介が普通ですがロシア男性はナンパが人生の一つの大きな趣味と実益なので積極的ですのでロシア女性もナンパされるのに慣れてす。ただし、ナンパの場合は同じ大学や他のサークルなどの中でナンパを行うのでは道を歩いてる女性に声をかけてナンパするのはナンパ・マニアック(病的症状)の若者たちです。

そんなロシアにナンパに出かけた勇敢?な日本男性のビザサポートを何十人も行い彼らの話を聞いてますので日本人とウラジオストク女性のナンパはどうなのか?多少は実話を聞いて知ってます。

ある男性二人組、4年間で数十回ウラジオストクやハバロフスクを訪問しその度に経験談を話してもらいましたがここ数年はロシアに出かけるのはギブアップしたようです。

この男性二人は20歳代で英語は話せますがロシア語はカタコトです。何十回も行ってますのでそれなりに良い経験があったようです。

ナンパする場所は通りでは行いません。実際に行ったそうですが・・・彼らのナンパ場所は踊りが出来る場所、今でいうクラブ。昔風ならディスコですね。

最近はウラジオストクにも踊れる場所は何軒か出来てるそうですが客層は10代の女性達。
お客の殆どは女性のグループですのでそんあ場所に行けば大量の若いロシア女性に必ず会えますので後はナンパ術ですね。
週末の踊れる場所は若い女性達が個人でなくグループでやって来る場所です。共通点は所持金が少ない事ですのでドリンクを奢ってくれる男性がいれば笑顔で接してくれます。そしてお互いにロシア語で会話が出来ればもっと楽しく女性達と時間が過ごせます!ただし、女性達と一緒に踊らないとそして片言の英語でお互いに話をしてたら白けムードになるのは当然です。
もしロシアでナンパを上手くするには
①ロシア語を流ちょうにはなすこと
②ダンスが上手でいろいろな踊りが出来る事
の二つは最低限必要です。
他の方法で女性と知り合うには現地のロシア男性(仕事をしてる人)の紹介が可能性があります

下記のレベルの人はロシアでナンパはお勧めしません。

普段着、アイロンがかかってない、英語はカタコト、ロシア語では数個の単語、お金はあまり使いたくない、コンドームを持ってます・・・

昔ダンススクールを経営してる男性とウラジオストクに行ったことがありますが彼は大もてでした。踊る場所にロシア人男女カップルが目づらしいのですがこの日本人は男性が一緒の女性にも声をかけて踊りに誘ってました。ロシア男性が怒らないかと心配しましたが女性は嬉しそうな表情そして男性のダンス技術・・・世界大会にも出てる人なので半端ではありません!

昼間は会話倶楽部が間借りしてるオフィス、当時はスタッフがたくさんいたので彼がセックスについて話し始めたらロシア女性が嬉しそうに耳を傾け始めました。

ロシアではロシア人同士でセックスの話はありません。ましてや男性がセックスについて話すのはロシア男性にはあり得ないことですので注目を浴びたのは当然です。彼の話をロシア語に通訳するロシア人もロシア語に訳しながら”ほんとうですか?”と驚いてました。

ロシア男性はセックスに関しては非常に淡泊でセックスのテクニックは女性が持つもので男性は女性の奉仕を受け止めるだけ!というのがロシア男性です。

 

彼のセックステクニック時間はダンスの練習から築き上げた抜群の体力があるそうで5時間くらいは女性に尽くして上げれるよ・・・と言ったら女性達の眼つきが・・・若い独身女性は恥ずかしそうに聞いてますが離婚女性で30歳の方が

28歳~38歳
28歳~38歳

”今晩お相手お願いできますか?”

ロシアではあり得ないことだったで女性は皆さん話を楽しんでました。