猛暑、熱帯夜・・・ロシア人の対策

ウラジオストク
この記事は約2分で読めます。

ウラジオストクでも最近は自宅にクーラーを設置する家が増えてきてます。
ウラジオストクでクーラーが必要でしょうか、といつも疑問に思ってますが一つのスティタスなのでしょう。

ウラジオストクの夏も何日かは昼間は暑すぎる日がありますがクーラーが必要とは思いません。夕方から夜中は温度が下がるので日本並みの熱帯夜を経験したことがありません。が…クーラーが増えている。
一体いつ使うのか気になります。
ウラジオストク人はいつクーラーを使うでしょうか? その日が暑ければクーラーを使うでしょうが熱くなくても家に帰るとクーラーのスイッチを入れる人、家を訪問したお客さんがクーラーを見つけて”クーラーを買ったんですか?”と質問するとすぐにスイッチを入れるロシア人・・・。

仕事場のオフィスにほとんどクーラーが設置されてます。
ウラジオストクのホテルにクーラーが設置し始めたのは昔の話ではありません。10数年前です・・・それまでは高給ホテル以外は空調設備は暖房だけでしたのでたかがクーラーですが私にはウラジオストクの進歩を感じる場面です。

ウラジオストクの電化製品は殆どがLGです。市内にもあちこちにLGの広告が出てますので目立ちます。
日本の電化製品はほとんど見当たりません。日本製品ファンはウラジオストクにも多いのですが日本製品はモスクワからウラジオストクへ持ってくるそうで移動費がかかり普通でも高いのに高級品になってます。