これが今の世の中の普通なのでしょうか?


出会い系サイトは多種多様と進化?をしてますがこんなサイトがアメリカでちょっと人気らしいです。結論は売春なのですが言葉を変えて援助交際と言ってもすることそして金銭が発生するのは同じですが世界最古のビジネスが言葉を変えて今に存在してるだけです。
セックスの対象として男性が女性にお金を払う・・・

最近はアメリカではシュガーダディとシュガーベイビーの関係で特に高学歴の女性が溜まり溜まった勉強のために支払った授業料を払うためにこの言葉を使ってセックスの代償でお金を払う、売春が流行ってるそうです。女性の知的レベルと教養そして美形ならシュガーダディは惜しみもなくお金を出してくれるのでギブ&テイクと割り切ってるようです。そんなサイトが世界的にネットを広げてるようです。お金があれば何でもできる世の中の一番のサンプルです。

このサービスは日本でも展開してるようで日本語の説明があります。>>>ここをクリック
現在の日本では結婚紹介会社より愛人紹介の会社の方が活動が盛んだそうです。

社会主義の国があった時代、つい最近までですが売春は厳しく禁止されてたのをご存知ですか?
今でもロシアでは売春は禁止され捕まると刑務所へ送られており沿海州の女子刑務所の囚人たちの罪は売春と覚せい剤です。その数は沿海州で1800人ですので少なくはないですね。
ロシアの売春婦は男性に声をかけて交渉をするのが売春婦とされてますので法の目をくぐって活動をしてるようでウラジオストクにも売春婦は確かにいますのでネットでも情報が出てきます。

東欧やロシアでは売春婦は秘密の仕事ですのでウラジオストクで売春婦で仕事をしてる女性達は地元の女性ではありません。皆さんはロシア各地から出稼ぎで来ており地下組織の元で働いてるようです。ウズベキスタンや東欧の大きな都市ではウクライナ系の女性達が目立ちます。地元では働けないので・・・。

ウラジオストクの会話倶楽部女性会員たちは路上や移動交通機関の中で英語で会話をするのを嫌います。また男性とお見合いをするときにも必ず他のロシア人が同伴しないで一対一で外国人に会うのを嫌います。

路上で英語で話をしてればロシア人は普通、その女性は値段の交渉をしてると考えるそうです。

日本では愛人にお金(手当)を払うのは普通と思われてますがロシアにはガールフレンドに払う手当はありませんし逆に男性がお金をあげようとすれば女性は普通は怒りますのでロシア女性とお金の話はしないでください、と会話倶楽部では会員さんに厳しく念を押してます。