ロシアとアメリカの銃犯罪比較

大人のおもちゃ
この記事は約2分で読めます。

毎日のニュースでアメリカの銃事件が報道されてますがロシアはどうでしょうか?
日本の犯罪組織が使う小銃と言ったらロシア製?が有名です。

トカレフが有名ですね。ロシアで銃は簡単にかえるでしょうか?
20年前は一般のロシア人でも自衛のために小銃を所持してる人を見かけたことがあります
ロシアには世界の名銃、世界で一番出回ってると言われるAK‐12があります。

操作が簡単で扱いやすく壊れにくいそうです。AK‐12の90連ドラムマガジンなら人気が高いようです。射手の体格に合わせて伸縮したり折り畳みもできるそうです。世界で一番流通してるのはコピー商品が多すぎるからです。本来ならロシアで3万円くらいで買えましたしアフガニスタンとパキスタンの国境ではコピー銃の家内工業製造でたくさん作ってますので数千円で買えます。
ロシアはアメリカと同じで自己防衛手段で銃の所持は自由でしたが今は全く無理となってます。
まず外国人は買えないし所持するにも日本と同じで警察の許可書が必要ですので日常生活のなかでロシアでは銃を目にすることはありませんし市街地で銃撃戦という話や銃声の音が聞こえた・・・というは昔の話になってます。20数年前はウラジオストクには日本からピクニックに来られる人たちが結構多かったですね。(郊外で射撃練習をピクニックと日本語で読んでたそうです)。日本では銃の練習場なんて危ない人達には開放されてませんが当時のウラジオストクは自由でした。現在は一部の許可を持ってる人達だけが狩猟で銃の所持が許されてるそうですが新しく銃を購入して所持するのは・・・無理です。

コサックの牧場主さんは正式な許可を持ち8丁の猟銃とak-12を所持してます。
家族が住む家の周りにはたくさんの動物がいますので自衛のためです。

アメリカは毎日銃撃事件が起きてますね・・・

プーチン氏も銃マニアなのでしょうか?AK-14最新型の試射会場で・・・