NHK特集 ブーニン/ショパンコンクール1985

一人ぼっち
この記事は約1分で読めます。

ブーニンって覚えてますか?
1985年のショパンコンクール、19歳ですべての賞をさらったロシアのピアニストです。


ロシアの有名な音楽家系の血を引き本人も才能があったのでしょう。
このブーニンは日本のおばちゃん達に大人気となり来日しました。
音楽家で性格が難しい人だそうですがその人が日本女性を好きになったので大問題となりました。
本人は日本に亡命を希望したのですがロシアの至宝といわれるピアニストですので日本政府も困りましたので普通でも亡命は受け付けないのでブーニンはドイツに住み始めそこを本拠地として日本に通ってました。

ブーニンの日本の奥様は一切マスコミで紹介されたことはないと思います。

そのブーニンが最近日本で写真を撮られスクープされました。
ブーニンは超ヘビースモーカーでいつもタバコは手に持ってる写真が多いです。