7月29日~8月6日ウラジオストク運営者はお休みです。それ以降は仕事をしてますのでウラジオストクへどうぞ!

会話倶楽部の自慢は日本でデート

日本でデート
この記事は約2分で読めます。

男性が交際のためにウラジオストクに出かけるより女性に日本に来てもらった方がすべての面で男性には楽ではないでしょうか?

仮に男性がウラジオストクへ3泊4日の予定で女性とデートのために出かけると飛行機代金、ホテル代金、食事代、交通費などなどで10万円前後になると思います。ホテルが普通レベル以上だったらもっと費用が高くなります。また職場の休みも簡単に取れない人もおられますし・・・はっきり言って面倒かつ費用が予測できないけど女性とのデートは結婚のためのステップで大事なので避けることはできない。

会話倶楽部の運営者の私が考えました!妙案です。

これは日露の関係の前進の賜物で日露の結婚カップルを増やして欲しいのでしょうね。

会話倶楽部では交際中のウラジオストク女性を日本に招待するための費用は490ドル以内で押さえたいと考えてましたがどうやら可能なようです。今年からはANA(全日空)も成田-ウラジオストク間に毎日のフライトが登場しますのでロシアの日本に乗り入れてる2航空会社S7とオーロラ航空の3社で値段戦争を始めて欲しいですね。すでにウラジオストクから日本へのロシア人の運賃は往復で2万円を切ることもあります。航空運賃は時期によって値段が異なりますが私の予想ではロシア人が日本(成田)に来日する場合の運賃は日本で各航空券運賃より格安ですのでロシア人は来日がしやすくなります。その中にあなたのガールフレンドが入っており出来れば月二回は来日すれば週末を一緒に過ごせるので遠距離交際と考える必要は全くないと思います!

ただし、交際女性と親密にならないと女性が来日しても

ホテルを用意してください!

と言われたら困っちゃいますね。宿泊するのはあなたの家です‼
ただし紳士でありたいなら女性専用の寝室を女性に用意してあげてください。

この辺の駆け引きは日露の運営者がお手伝いをいたします!