ロシアはもうすぐ高品質野菜輸出国!

ロシアの伝統と習慣
この記事は約3分で読めます。

昨年、プーチン大統領が宣言してた言葉です。
私もここ最近、ロシアの野菜の美味しさに注目してますのでプーチン氏の言葉は的を得てると思います。ウラジオストクは日本のすぐ近くですので運搬も簡単です。現に大量の野菜を中国から輸入してる日本ですのでロシアと同じようにロシア産の野菜はウラジオストクでも高い値段で売られてます。


沿海州にはタイガ(シベリア地方の針葉樹林)大自然の土壌が残ってますので肥料などは必要ありません。
遺伝子組み換えという言葉は4年ほど前に日本でも流行った言葉ですが日本人はあまり気にしないそうです!というか世界で一番大量の遺伝子組み換え食品を毎日食べてるので味に慣れてる(馴らされた)からだそうです。遺伝子組み換え食品が体に良くないという発表はされてません。健康に良くないのでは?というレベルですので性善説の我々はコンビニで販売されてる食品類を食べても病気にはなりません。東日本大震災の時に放射能の影響に対して

枝野官房長官会見 No1 「直ちに健康被害は出ない。将来も…」

と自分の子供たちをはるか遠くの外国に非難させてた議員がテレビで毎日繰り返してたのを覚えてます。その福島の子供たちにいろいろ影響がもちろん良い意味ではありません)出始めてるようですが日本以外のメディアでないと紹介してません。

この遺伝子組み換えの親分はモンサント社(日本は三菱が担当)は世界の農作物を支配すると豪語しており日本も一昨年、その傘下に入りました(巷では森加家問題で騒いでましたのでごまかされたという人もいます)ので大々的に遺伝子組み換え農作物がすでに出回ってます。大丈夫です、遺伝子組み換えは健康に良くないと証明されてませんので。フランスの大学が実験を行って健康に害があると証明しましたが最近は研究費をたっぷりすぎるぐらい貰ったのでしょう、遺伝子組み換えは健康に害はないと言い始めてます。

モンサント社の世界的商品である除草剤ラウンドアップ

世界中でこのラウンドアップの不買運動が起こってますので返品だらけで困ってる時に助けるのが日本! 現在、日本中で販売されてるのでしょうか??

このラウンドアップを使ったためにガンになった人たちが世界で裁判を起こしてますが絶対に負ける事はあり得ないと皆が思ってたモンサント社へ裁判所は罰金を言い渡しました。2500億円・・・。裁判を起こしてる人達はこれから前例があるので裁判に訴えれば勝てる可能性がありますので世界はパニック中!

ただしモンサント社は会社をドイツのバイエルンに売りましたので責任はどこにいくのか?と世界の農業関係者は忙しそうです。

そんな下らない事の加わってないのがプーチン大統領。毒ガスを作ってた会社の農薬はプーチン氏自身が信じなかったのかモンサントへの加入は大反対でしたので今、世界でモンサントの影響を受けてないのはロシアだけのようです。だから、野菜が美味しい・・・ではなく昔の小さな頃に普通に食べてたトマトの味、キュウリの味を思い出させてくれるのがロシアの野菜さん達です。

遺伝子組み換えに慣れた人たちは野菜の味は多分、ご存知ないでしょうね。