ロシアのある小学校

ロシアの伝統と習慣
この記事は約2分で読めます。

世界で一番寒い場所と言われてるオイミャンコンは人口500人の町です。

サハ州の首都ヤクーツクから車で2~3日かかるそうです。

サハ州は地下資源が豊富なので日本はロシアでなくサハ州と交易をするのが得策と思います。
すでの石炭は相当量をサハ州から買い付けてる日本で一番友好関係があるロシアの州です。サハ人はモンゴロイド系なので日本人と顔が似てるので相性が合うのでしょう。

サハ州にはまだ行ったことがないので一度は訪問したい場所ですが問題は寒さです。昼と夜の気温の温度差が100度になることもあるそうです。文明とは程遠い感がしますがだから魅力があるのではないでしょうか?ロシア政府はサハ人を虐待しないので逆に丁寧に扱ってる感がします。サハ州の近い資源の開発は現在は誰も出来ない状態で中国が狙ってる感があります・・・

サハの町では現地の人達が旅行者(ロシア人)にあるものを安く売りつけてるそうです。それはダイアモンドです。眼力がんのある人なら宝物のダイアモンドを安く入手出来るそうです・・・!

どこにでも出かける日本人ですがサハ州で頑張ってる人、ビジネスをしてる人はどれくらいいるのでしょうか?

極寒の地で人々は大変な生活をしてるようですが動画を見るとその先入観が崩れてしまいます。
ペルシャ湾沿岸の国々がお金持であるようにサハに住むヤクート人も同じだと思います。

3年前に日本語留学で来日してた19歳の女学生に会いましたが毎年半年間、世界の国々の学校で語学を勉強しており昨年はブラジルでポルトガル語を学び今は日本語の勉強中だそうです。日本語が終わるとフランスでフランス語・・・と予定は詰まってると笑ってました。

ヤクートは何もないので若い人達は勉強をして世界に通用する国にするために勉強してるそうです。モスクワにはお父さんから買ってもらったちょっぴり豪華マンションを持ってるそうです。

ヤクート州の上、北極に近いチョコト州は反対側がアラスカですがそこの出身者の学生もハバロフスクの一等地にマンションをお父さんに買ってもらってました。

ロシアでは極寒の所に住む人には特別手当が出てるようですが北方領土の住民はどうなのでしょうか?極寒という地ではありません!!