7月29日~8月6日ウラジオストク運営者はお休みです。それ以降は仕事をしてますのでウラジオストクへどうぞ!

日本政府のロシアへの援助金額?

ウラジオストク
この記事は約3分で読めます。

プーチン大統領が北方領土の返還予定はないと発言した?ことで日露関係、特に反ロシアの人達が騒いでます。ロシアに騙されたと・・・。これ以上の経済援助はするなと怒ってる人もいます。そこでこれまで日本がロシアにどれくらいの経済援助を行ったか調べたのですがネットでは出てきません。私の記憶では下記の原潜解体くらいです。

2004年ですので15年前のNHKの話です
会話倶楽部はすでに活動してましたのでこのニュースは覚えてます。現地でのウラジオストク人のこの話を聞いたことがありますが皆さん、興味なかったですね。
そしてこの話はどうなったのでしょうか・・・?

日本からの資金援助は8億円と大きな金額です。このプロジェクトは私が覚えてる限りでは2回に分けて合計600億円以上がロシアに渡ってます。ロシアというのはモスクワの政府という意味です。ウラジオストクの原潜で働く労働者は1年以上給料が出てないとウラジオストクで耳にしました。日本からウラジオストクの造船所にお金が渡れば数百億円も必要なかったと思います。

 

NHK・・・

日本からおよそ8億円の資金援助を受けたロシアの原子力潜水艦の解体作業が、去年12月に始まった。ロシアの放射性廃棄物の海洋投棄をきっかけに、国際的支援の必要性が高まり、極東地域の原潜解体作業に日本も関わることになった。 ロシアの研究機関の調査報告書によると、退役原潜76隻のうち46隻が現在、放置されたままで、すでに腐食して海水が侵入しているものもある。放射能漏れの可能性が指摘され、早急な対策が求められている。 しかし支援には、様々な困難が伴う。NHKは、今回初めて解体作業の現場を取材、原子炉の密閉や船体の分離を放射性物質を漏らさずに進める解体作業の難しさが見えてくる。 また支援を始めるにあたって、ロシア側との交渉も難航した。軍事機密をたてに図面などの提供を拒否するロシア、情報開示なしでは支援は始められないとする日本。合意するまでに予想をこえる時間がかかった。 番組では支援のあり方を見直し始めたノルウェーのケースもまじえ、支援の現状とその難しさを描く

 

 

この時のロシアへの援助のお金は特別国会予算からのかと調べましたが特別国家予算は一般会計とことなり申告する必要がないので詳しい記録はありません。
来年度の日本の一般国家予算は初めての100兆円を超しました!
昔は一般国家予算の数字は語呂合わせで国民に発表しており同級生でその語呂合わせを覚えてるのを得意にしてる奴もいました!
1965年度 3兆6580億8000万円 365日晴れ晴れ
1971年度 9兆4143億2700万円 暮らしよい予算

民社党の議員さんが日本政府が転覆するレベルの秘密を調べ上げて暗殺されました。
その国家レベルの秘密は明らかになってません。最近はこの話題が出てきてるようですが我々は想像すりしか出来ません。その秘密が特別国家予算ではないかと言われてますがこの言葉は学校では習ってませんし会話の話題にもなりません。もちろんNHKは特集も組みません。
中国は国内でお金を印刷して世界にばら撒き今の経済状態ですが日本もお金は印刷してるのですがそれが国民の生活に関係ないのが日本の現状です。

暇な方は日本の特別国家予算の額を調べてください!使い道は自由はお金のようです。

一般国家予算(101兆円)<特別国家予算(300から400兆円)