お見合いの時の席、座る場所・・・

ウラジオストク
この記事は約2分で読めます。

ウラジオストクでロシア女性とお見合いをするときは日本とは異なります。下記は大手の結婚会社のウエッブサイトで説明されてる場所についての説明です。最初の出会い、ウラジオストクに出かけての一番の始まりで第一印象が大事ですので席は気にしない・・・何て簡単に考えないでください。後で後悔することになるかも知れません。

ネットから抜粋

1・当人同士のお見合いの席順(食事がある場合)

昔は、お見合いをする男女に世話人が付き添う形でお見合いが行われていましたが、現在は当人同士のみでホテルのラウンジで行なわれるのが一般的です。

お見合いの席順については、上座・下座を意識します。これはビジネスにおいてもマナーの基本になります。お客様や上司など、自分よりも目上にあたる人を上座へ案内します。

上座とは入り口から遠い奥の席のことで下座は入り口手前になります。お見合いでお相手の女性を席に誘導する時は、上座を案内し男性は下座に座るようにしましょう。

また、お見合い場所によっては上座・下座をこだわらないほうが良い場合もあります。夜景などの景色がキレイに見える席の場合は、上座・下座に関わらず女性を一番良い席へ案内するのもおすすめですよ。

この日本式では女性を良い席に座ってもらうことが大事と説明してますがウラジオストクでは正反対です。男性が奥の席、なるべく壁の前の席がお勧めです。そして相対する女性は男性の正面、女性が見えるのは男性と壁! これが一番です。

女性には男性に集中して欲しいからです。ここでロシアの食の文化を考えましょう。ロシア人が外食の習慣がないのでお見合いの席を男性がちょっとしゃれたレストランに希望された場合は多分、お見合い相手の女性はレストランの名前は知っていても実際に食事をしたことがないと思いますのでそんな場所で女性を日本で言う上座に座らせたらレストラン全体が見渡せる場合があります。女性はレストラン内を目づらしそうに眺める時間が男性と話す時間より長くなる可能性があります。というのは会員さん達の報告から会話倶楽部ではお見合い時は男性が上座というのは鉄則にしてます。ビジネスランチならぬお見合いシートです。

お見合いの場合はカフェをお勧めします。

女性が緊張しなくて済みますので。