7月29日~8月6日ウラジオストク運営者はお休みです。それ以降は仕事をしてますのでウラジオストクへどうぞ!

ロシア人の農家滞在

ウラジオストク
この記事は約2分で読めます。

ウラジオストクから150キロ離れたタイガの中で農業をしてるセルゲイ氏宅に滞在中のある朝、セルゲイさんが近所の牧場でミルクを買ってきてミルクを分離する作業を見せてくれたので上の動画です。バターとスメタナを作るそうで最初の分離作業を動画にしました。

セルゲイさんは元は船員で世界中を回ったそうですので勿論、日本も何回も来てるそうです。船を下りてモスクワで3年農業の勉強をして中国国境土地を買い求めそこで農業を始めました。

ロシアの男性ですので家作りから電気を引いたり水を引いてきたりすべてを一人で行って今に至ってます。奥様のニーナさんはウラジオストクから150キロなので遠くはないのですし本業はジャーナリストでウラジオストクでは有名な女性です。この僻地に住む条件は畑仕事、家の外の仕事は一切しないという条件で結婚したそうです。

ロシアでは農業で結構成功してる人がいます。成功しない人は小作農と同です。
頑張れば・・・頭を使えばビックリするくらいの収入です。セルゲイさんもミリオナ―の仲間入りをしてます。

セルゲイさんの庭

セルゲイさんと現地会話倶楽部運営者

農民ですのでバーニャは必須 趣味のハト小屋(20数羽)と3Ⅾ作成室

獰猛な種類の犬だそうですが赤ちゃん犬(数カ月目)ほかにジャーマンシェパードと猫さんたち。皆一緒に遊んでます。

ロシアでは土地の広さは話題になりませんので皆さん自分の土地の広さをしりません。セルゲイさんに聞いたら・・・あの山の向こうにもまだ土地があるそうです。最近は分譲週末のダーチャを販売し始めました。この僻地?にもインターネットは繋がっておりWi-Fiも使えます。