本日はウラジオストクはお休み!

今週は会員さんのウラジオストク訪問がないのでロシアスタッフはお休みです。
昨日の女子会は23時におひらきだったそうです本日はスタッフは村に出かけてるようです。

初めての表現でvillageと書いてきましたがこれはダーチャ(週末農園)のことです。春野菜を受けてるそうですべて自然食ですし農薬も使わないと思います。

以前はダーチャと呼び、ロシアの中流レベル以下の人達が自給自足で週末に泊まり込みで野菜や果物を作りにでかけておりインフラが良くないので若い女性はダーチャに行くのを嫌うのがほとんどでした。シャワー、トイレ、水などが整ってないのでダーチャも掘っ立て小屋みたいな家もありましたが最近は手入れを行い綺麗になってますので周りのダーチャが綺麗になってるので”村”と呼び始めてるのかと思います。

ウラジオストク人の中には市内のアパートを出てダーチャを建て直して老後の住居にしてる人達も増えてます。ある会員さんのお母さんは300平米のダーチャを建て直しをしたそうで三階建てで当然、バーニャ(サウナ)はついてます。

中にはプールを作ってる人もいるようですが使える期間が短いのでは心配したらプールは室内プールですので年中泳げるようです。

一般人が郊外に広い家を建てプールがある・・・日本では一般人にはちょっと無理ですね。

ウラジオストクにはエビが多いですが日本でいうボタンエビはウラジオストクではボタンエビと呼んでるそうです。
ロシアの販売はキロ単位ですので上の写真のエビは1キロ500ルーブル(850円)、そしてタラバガニは1kg 700ルーブル(1200円)と高価ですね。

日本はロシア制裁の影響でロシアからのタラバガニの輸出が減少してます(書類の手続きが大変だそうですので日本に対する経済制裁のお返しです)

日本での販売価格

ウラジオストクへ行ったらちょっと高級ですが日本では出来ないタラバガニの食だめははどうでしょうか?
レストランん寄って値段はいろいろですがウラジオストクの人に教えてもらえば現地価格で食べれる可能性があります。

スタッフに聞いたらシーズンで一番高い時は生のタラバガニで1㎏2000ルーブル(3400円)と言ってます。

コメント