9月24日から9月30日までは現地運営者モスクワ出張でお休みです

住居問題・・・ロシアのビル

この記事は約3分で読めます。

私の記憶では億ションと呼ばれる億を超すマンションが建ったのは港区の六本木と麻布十番の中間地点で対面はスウェーデンセンターとアルゼンチン大使館の近くでした。

私は麻布十番に住んでたので出来上がった建築物を見て何の感動もなかったですがメディアでは日本にも豪華マンションという情報・・・ヨーロッパで言えば普通ですね。中の広さも100平米くらいで日本人だけが広い、すごい、豪華と騒いでました。現在はまだ建ってますが周りのビルに囲まれて目立ちませんし当時のデザインはその時代は最高だったでしょう、と言う感じ。

ベイエリアにタワマンが沢山建てられて一時期は人気がありましたが埋め立て地に建てられたマンションですので100%の安全性は保障されてません。

スキーリゾートの新潟県湯沢町・・・一時期は人気があり新幹線で湯沢駅で降りて目の前に豪華マンションそして隣がスキー場という理想的なリゾート地でした。今でもリゾート地でスキーは可能ですが現地で販売されてる中古マンションの価格は1000円からあります。

日本のマンションは50年が寿命だそうでローンを払い終わった頃は大規模修繕も必要ですがバカにならない金額で新しくマンションを買った方が得だと言われてます。結局はマンションは老朽化してボロボロになり・・・住む人がいなくなるでしょうね。

知り合いでベイエリアにタワマンを購入した人の家に行きました。
新橋から走る電車で10数分、駅から歩いて10分くらいと私には遠い距離です。最新のタワマンなので仲の設備は最新です。タワマンを訪問した人が宿泊できるホテルと同じ宿泊施設が用意され住民が予約をすればゲスト用に使えるそうです。

日本ならではおもてなしの心配りですね!

問題点は・・・
訪問した時に初めて知った事実はWi-Fiが通じない・・・。Wi-Fiはどこでも使えると思ってましたがWi-Fiの電波は上に届くには限界があるそうです。高層ビルならWi-Fiの中継基地を途中に作ってるので普通に通じますが日本のタワマンはそこまでしてませんので電話回線のWi-Fiを引く必要があるそうです。

エレベーターは住人用ですのでIDカードが必要ですのでその住人がいないと入れません。

その他・・・

アチコチにタワマンがありますが目の前が人口の海、と環境は良いのですがたくさんの観光客で賑やか・・・いいえうるさ過ぎて大変だそうです。目の前に海が見えるから・・・そして家からも徒歩で海(人工)に行けると良い環境だったのですが今は反省の日ですがローンは30年。おまけにタワマンの価値は下がってます。

何か美人の女性と知り合い交際を始めたら彼女の顔が領収証に見えてくる、という経験をした人は宅s何ると思います。

ロシアは・・・新築が増えてますがソ連時代の建物は骨格が丈夫だそうですし地震がないので簡単には壊れないそうです。欧州、ロシアも建物は壊れないというのが普通ですね。

ウラジオストクの中地にあるグム百貨店(現在はZARA?)のお店ですが確かウラジオストクで一番古い建物の筈です。建築設計はドイツ人。

コメント