只今、会員さんウラジオストク便の機内(15:09)

この記事は約3分で読めます。

14:05(成田)発のオーロラ便会員さんがウラジオストクへ向かってます。
二回目の訪問なので勝手が解ってますので空港からは電車もしくはバスで市内へ移動と考えてたそうですが電車の最終便に間に合わないのでバス・・・バスはマイクロバスで韓国人の利用者が多いと乗れない場合があるのでウラジオストクで流行り始めたネットタクシーをすでに予約したそうです。

http://beartaxi.com  という会社です。空港にも定額料金の空港タクシーがありますがそれより幾分か安いようです。すでに予約してあるのでタクシーは空港で待ってます。タクシーに乗って市内の予約してあるホテルに一直路。

会員さんにはロシアのSIMカードを購入するようにアドバイスしたらドコモのパケットサービスで加入したので安く使えるそうです。

ドコモのパケットプランに申し込んでおいたので、現地でも普通に携帯電話が使用できます。
ただし、このプランは1時間200円、24時間980円など逐次申し込むタイプです。
特に必要のない日は申し込まないことができるので便利です。
ホテルやカフェ等にwifiがあるので、緊急の時以外は使用しないつもりです。

昔と比べると料金が随分と安くなってます。スイッチの切り忘れで数十万円と言う請求が来ないようにスイッチが自動的にキレるので上記の金額以上は料金を心配する必要はないそうです。

 

電話会社が理想的な値段設定・・・私は疑います。
今日行かれた会員さんが4日後に帰国されたらいろいろ話を伺います。

私もネットでドコモのこのパケットプランを調べましたが不明な点などが多々あります。ドコモは現地で一定の料金でネットにつながるサービスを提供してますが問題はその中身です。

使い放題のデータ使用量でしょうか?
通信速度は?
現地の接続会社名は?
最低でもこの3点は知りたいですね。ネットで調べたら大体が理解できました。
私だったら現地で(空港でも購入可能)SIMを購入しますね。

パスポートを出して自分のスマホに適合するSIMカードを入れてアクティベイト(出来ない時はお店の人にスマホとSIMカードを渡す)すればすぐに使えます。

ロシア料金

これで現地の人達が使ってる速度で通信が出来ます。転送量も15GB、ロシア国内通話は500分が日本円で600円で一カ月可能です。

一カ月が利用期間ですので翌月になるとチャージしないとスマホは使えませんが電話の受信は可能なようです。
最近は毎月の料金の支払いや使い過ぎた時にチャージはネットから出来るようになってます。

ドコモは1日使い放題で980円と会員さんはメールで言ってきましたがこの980円はアジア諸国ですロシアはヨーロッパ、ウラジオストクもヨーロッパなので1日料金は1580円です。

ついでに一日の転送量は一定量を超すとちょっと規制が入り遅くなるようです。

コメント