1月の産経新聞

全日空の計画では今年中にウラジオストク便が飛ぶようです。
ビジネス便だそうです・・・
日本の会社はすでに4年前からウラジオストクで準備をしてますので現在成田からは2便が毎日ウラジオストクに飛んでますがそれがもう一便増えるのですから利便性がたかまります。
LCC的には短距離ですので料金的にも飛行時間で値段が決まりますが全日空ANAというブランド名は全く関係ないですね。実際のフライト時間は1時間ちょっとですので食事をする暇もありませんがLCCなので出るのは飲み物だけでしょうか。

やっと日本でもLCCと言う名前が浸透してきましたが格安航空と言う名前は変えて欲しいです。

世界初?のLCCはイギリスとアメリカ(ガトウィック空港とロサンゼルス空港)間に就航したレイカ航空と思います
時期的には1975年頃と思います。コンピュータもない時代で飛行機に乗りたい人は空港で並べ・・・ということで並んで乗ったことがあります。始めてのアメリカですがアメリカ到着は全く知らない場所で どこに下りたのかも知らない状態。ロンドンから半分の距離で給油の時間だったようですがそれからロサンゼルスまで5時間のフライトでした。
料金が片道で250ドル。食事等は一切何もありませんが事前に注文は出来たようです。

なぜここでLCCの話を・・・
このレイカ航空はもちろん日本の会社ではありませんがスポンサーは日本でした。

ロシア女性と結婚、1000の囁き

URL:>>>>https://kaiwaclub.com/happy/

最近増えてきた女性会員・・・

最近、新会員の加入が多いですが・・・
ただし、30歳代で離婚歴のある女性達です。子供もいない方もいますが子供をお持ちの方の方が多いですね。

ロシア、ウラジオストクで何か夫婦間で異変が起きてるのでしょうか?と思えるくらいです。

ロシアは日本と同じで離婚した場合には母親が子供を引き取って育てるのは日本と同じです。今まで私は子供のある女性の加入は歓迎できませんでした。理由は簡単で日本男性は子持ちの女性と結婚を希望しないので折角、会話倶楽部の会員になられても紹介する男性がいないからです。

アメリカ男性は子持ちの女性と結婚するのは気にしてません。第一の理由は家が広いから。第二の理由は二回目の結婚、再婚をする人は二回目の結婚には非常に慎重なので再婚女性と交際をして結婚するのはアメリカでは普通の事です。

アメリカは離婚が多い国ですがアメリカ人の両親は離婚の際の子供の扱い方には非常に慎重でよく勉強してます。男性の方がより離婚後の子供への影響を勉強してるのには感心します。

アメリカの法律では親が離婚した場合は子供のために離婚した夫婦はお互いに住む場所のお互いの家の距離が法律で決められてますので

子供たちにはパパとママは理由があって別々の家に住むことになりました。

パパの家はA、ママの家はBと二つの家が両方の家に子供の部屋を用意てるので自由に使ってください、と離婚時に説明するそうです。

大概は子供はママと一緒に住みますが夏休みやクリスマスはどちらかの親が交代で子供を長期休暇で旅に連れて行くのが普通だそうです。

初婚男性には子持ち女性はお勧めしないし日本男性も希望する人はほぼ皆無と思いますが再婚男性で体力に自信のある方、かつ精力に自信のある方はご相談ください。30歳代の女性をご紹介できます…子持ちの女性でしたら60歳代男性でもでも30歳代の女性の希望者はいます。

ロシア女性と結婚、1000の囁き

URL:>>>>https://kaiwaclub.com/happy/