9月24日から9月30日までは現地運営者モスクワ出張でお休みです

市電(トラム)でのんびりウラジオストクのある日

この記事は約2分で読めます。

ウラジオストクへ女性とお見合いやデートに出かけた場合に時間の都合で時間が余る場合があります。
市内散策は徒歩で十分に回ることができますのでタクシーなどは必要ありません。

ちょっと遠出をするならバスの番号を事前に調べてのれば便利です。
ロシア語が分からないなら行きたい場所をロシア語で書いてバスの運転手にみせればほとんどの運転手さんが親切に目的の場所で知らせてくれる可能性が高いです。

以前はウラジオストク市内の電車やバスは無料、そして市内電話の通話料も無料という時代がありました。ウラジオストクホテル
今はアムジットホテル)の一階ロビーには3台の電話があり市内電話をするひとが結構利用してました。

今はウラジオストクも完璧にスマホ隆盛ですしスマホ料金も格安(ロシア人はそう思ってません)ですので利用価値はあります。日本人もパスポートを見せればその場でSIMカードが購入出来てすぐに使えますので日本以上に便利です。とにかくお値段が安いのも助かりませ。

ロシアではLINEは使えなくなってのは数年前ですが実は今は使えます。何故使えるようになったのか分かりませんが試しでロシアのLINEを通話で呼び出したらちゃんと返事がありました。今度ウラジオストクへ行かれる方がいるので二人で試してみます。ホテルからのLINEは禁止でオフィスからのLINEはOKなのかどうかと調べる必要があります。

ウラジオストクの季節が心地よい時は町の散策や市電にのるのはどうでしょうか?行先は関係ありません・・・市電は巡回してるので場所が分からなくても乗車した場所を覚えていれば市電は同じ場所に戻ってきます。

市電(トラム)の運転手は女性が多い思います。これは他の旧東欧でも同じですね。トラムの方は退職後は年金額が結構良いそうです。

コメント